クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ハイエース200系の 「ワイド」「標準」そして「ナロー」ボディの違いはなに?

      2016/09/19

名称未設定.001

ハイエースに関する雑誌など情報を集めていると、
ボディ幅について触れていることがあります。
その中で、「標準ボディ」「ワイドボディ」また「ナローボディ?」なんて、
あまり聞き慣れない言葉も出てくるのですが、具体的にどのような違いがあるのでしょう。

ハイエースはグレードやサイズなど、様々な選択をしなければなりません。
今回は、ハイエースのボディの幅に絞って解説していきます。

ハイエース 200系の「ワイド」「標準」「ナロー」ボディの違い

ハイエースには2種類の幅がある

まずはハイエースには大きく分けて、2種類の幅があります。
それが「標準ボディ」と「ワイドボディ」です。

「え?じゃあナローって何よ、3つじゃないの?」と
よく勘違いされがちなのですが、「ナロー=幅の狭い」という意味から、
ワイドボディよりも狭い、標準ボディという意味でしかないのです。

つまり「ナローボディ=標準ボディ」が正解です。

スクリーンショット 2016-07-27 4.03.49

では、次に具体的なボディ幅の違いについて説明していきます。

標準(ナロー)ボディとワイドボディの違い

では、ナローが標準とわかり3つが2つに絞りこまれて、
「あーすっきり」と、したところで、
標準ボディとワイドボディの違いについて説明していきます。

まず先に、ハイエースのボディ形状には以下のように大別されます。

  • ロングバンかスーパーロングバン(長さ)
  • 標準ボディかワイドボディ(幅)
  • 標準ルーフかミドルルーフかハイルーフ(高さ)

それぞれが組み合わさって、グレードが絞られ最終的にひとつの形になります。

ここは、イラストを見てもらったほうが早いでしょう。

ワイド・ナロー・標準ボディ.001

こちらの長さであるロングバンを選択したり、
幅であるボディ形状を選択したりすることで、
選ぶグレードも変化していきます。

例えば、商用車タイプである「DX」が良ければ、
ミドルルーフ以外を選択すれば良いですし、
「スーパーGL」を狙っているならスーパーロングを選択することが
できません。

つまり、ボディ幅によって選べるグレードも変化していくのです。

ちなみに、バン以外の、
2ナンバーであるコミューターや3ナンバーであるワゴンは、
どちらもワイドボディになっています。

それでは、ハイエースの売れ筋グレードである、
「スーパーGL」に絞って解説していきます。

スーパーGLも2種類のボディ幅がある

では、ハイエースの中でも特に売れ筋である、
グレード「スーパーGL」に絞って考えてみよう。

グレード スーパーGL
ナンバープレート 4ナンバー 1ナンバー
ボディ幅 標準(ナロー)ボディ1520mm ワイドボディ1705mm
ルーフ形状 標準ルーフ ミドルルーフ
エンジン
トランスミッション
2WD 3.0L
ディーゼル
4AT
5MT × ×
2.7L
ガソリン
6AT ×
2.0L
ガソリン
6AT ×
5MT × ×
4WD 3.0L
ディーゼル
4AT ×
5MT × ×
2.7L
ガソリン
6AT ×

スーパーGLの場合には、
標準ボディが1520mmと、ワイドボディが1705mmと
約18cmの違いがあります。
標準体型の大人で言うと、約半分のサイズです。

ですから、標準ボディかワイドボディを選ぶことで
例えば、荷室に装着する「ベッドキット」の種類も違ってきますし、
置いたときなどの快適さなども多少変化します。

以上のように、スーパーGLは、
標準ボディとワイドボディどちらを選択することも可能です。
標準ボディを選択すれば「4ナンバー車」になり、
ワイドボディを選択すれば「1ナンバー車」登録になるのです。

ただ、さらに深掘りをしていくと、

  • 2WD(FR)にするのか4WDにするのか。
  • ガソリンエンジンにするのかディーゼルエンジンにするのか。
  • オートマチックトランスミッションにするのかマニュアルトランスミッションにするのか。

などで、選び方も変わります。

例えば、「4WDが絶対に必要!」という希望があるなら、
1ナンバー車である、ワイドボディ、ミドルルーフは選択できません。
4ナンバー車を購入するしかないのです。

また、「ガソリン車よりも燃費がいいのでディーゼル車にしたい!」
というなら、4WDを選択できずに2WDを選ぶしかないのです。

ですから、一般的にハイエースのグレードを選ぶコツとしては、
どこにモノサシといえる基準点を置くのか?それに尽きると思います。

まとめ

ハイエースのグレードを選びをする上で、
ボディ幅も重要な指標となります。

より大きな荷物を積みたい、車中泊で快適に過ごしたい
というなら、ワイドボディが必須になります。
それともハイエースクラスの荷室があればもう十分というなら、
標準ボディでも大丈夫でしょう。

ほとんどのユーザーが、
グレードや駆動方式、または燃料の種類で選択していますが、
ボディ幅も必要な方には大切な指標となりますからね。

あなたのハイエースを選ぶモノサシはなんですか?
そこを明確化してから、自分にとってのベストなハイエースを見つけてくださいね。

 
ハイエース200系を購入するなら、もちろん新車を購入するのがベストです。ただ。。

  • 予算が足りないので、できるだけ安く購入したい。
  • Ⅳ型の現行モデルではなく、前のモデルを購入してよりカスタマイズしたい
  • 前のモデルのデザインのほうが気に入っている

なら、中古車のハイエースも選択肢に入りますよね。

中古車のガリバーにおける累計販売台数は40万台にも到達。
累計買取台数は400万台なので、
時間にすると4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから安心です。

あなたにとって最高のハイエースを購入するなら►►中古車のガリバーで厳選されてた在庫車と未公開車両を見つけましょう。

車一括査定がおすすめ

ハイエースを購入するためには、今乗っている愛車を高く査定してもらうことが必須です。
私も以前、下取りではなく、査定額の比較ができるインターネットを利用した一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がつきました。

「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - ハイエース