クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

「新車や中古車」買ったばかりの車を売る理由と損得について。

      2016/02/15

「新車や中古車」買ったばかりの車を売る理由と損得について。
購入したばかりの「新車」や「中古車」を今すぐに売りたい。

「買ったばかりの車をすぐに売るなんてあるわけないじゃん」
と思われがちですが、意外と多くいるのです。
では、なぜせっかく購入した車を売却しなければならないのか。

また、勝って間もない車を売ると、
どれだけお金は戻ってくるのでしょう?
やはり大きな損をしていまうのか、それても大した損をしないのか。
「新車」また「中古車」の2つのパターンに分けて説明していきます。

買ったばかりの車を売る理由

それぞれの家庭や個人の事情があるのですが、
買ったばかりの車を得る理由には大体共通点があります。

  • 購入したが当初に思っていた以上に維持費がかかる
  • 突然の転勤で車を使用しなくなった
  • 突然、家族が増えたのですが、家族構成に全く合わない車を購入してしまった。
  • 実際、買ってみると不満だらけであった

しっかりシュミレーションをしたつもりでも、
やはり実際に買って、乗ってみないとわからないことがあるもの事実。
また、環境の変化などは突然やってきますしね。

さらに、試乗もせずに購入したので、乗ってみると不満だらけであった。
購入したが、思った以上維持費がかかるといったところもあるようです。

だからといって、ディーラー販売店に「じゃ返します」なんて言えるわけではありません。
自動車はクーリングオフができないのです。

じゃあ、「乗らない車をいつまでも保有しているのか?
というと、そんなわけにはいきません。
車は放置していると、みるみる「価値」が下がっていく性質があります。
そうなると、早い話売却してしまったほうが傷は浅く住むのです。

それでは「新車」と「中古車」の売却の是非について考えましょう。

新車は一度でもナンバーが装着されると中古車になる

IMG_3067
一度も公道に出ていなくても、
登録されてナンバープレートがついた車には、残念ながら「中古車」というレッテルが
貼られます。

最近では未使用車ともいいますが、未使用も中古車の一部ですから。
なので、300万円の新車を、その足でそのまま売却しにいっても、
残念ながら「300万円」にはなりません。「290万円」にも成り得ないのです。

それだけ、ナンバープレートが装着されるということが
車の価値を一段階下げてしまう要因になるのです。

なので、実際のところトータルで300万円の車を3ヶ月後に売却した場合には、
250万円」ぐらいで買取りしてもらえる、と御の字ではないでしょうか。
もし傷などがある場合にはもう少し下がるかもしれません。

あくまで、購入当時と状態が変わらないという前提に話なのですから。

中古車はリセールバリューが大きく左右する

逆に中古車の場合には「リセールバリュー」で買取価格は大きく変化します。

特に「ランドクルーザー」「ハリアー」「ハイエース」「ジムニー」などの
いつもでも高く買い取ってもらえる「鉄板の車」を売却した場合には、年式の割には、
買取価格のリターンも高いようなんですね。

中古車は「車の市場価値」によって買取価格が大きく左右されるのです。

SUVのハリアーやランクル・ハイエースが高価買取される3つの理由
車を高く売るときには、やはり市場で人気のある車を査定にだすことが大前提です。 その中でも、SUV車、クロカンまた1BOXカーなどのにおいては、 買い取り市場ではいつも人気が

参考:SUVのハリアーやランクル・ハイエースが高価買取される3つの理由

事実のランドクルーザー100の最終型などは当時の価格よりも高く売れる
希少価値のある車です。

だから同じ購入したばかりの自動車でも、
新車よりも、中古車のほうが損をすることがなく、
売却できる可能性が高くなるのです。

時間が経過すると価値は下がってくるだけ

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s
残念ながら「新車」でも「中古車」でも時間とともに価値は少しづつ下がっていきます。
これはもう止めることができません。マンションや一戸建てなどの住宅でも一緒ですよね。

新築住宅なんて購入した時点で数百万円という価格の下落があり、
さらに時間の経過とともに、どんどん下がっていく特性があります。

新車も中古車に関しても、同じ感覚だと思いますが、
そもそも価格が安いせいか下落幅もマンションほどではありません。

せっかく購入した車を売却する理由は色々とあると思います。
確かに損をするのかもしれませんし、買ったばかりの車を売却するという
ことに抵抗がある気持ちもわかります。

でも、将来的にするシチュエーションが見いだせなかった場合には、
悩んでいるだけ、時間の無駄」とも言えるのです。
行動を早くすることだけが傷を最小限に食い止める方法なのです。

リセールバリューと時間の価値を理解していくことが
大切なのですからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦保留にして、インターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、愛車の「実際の相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識