クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

50系エスティマアエラスのヘッドライトの曇りを解消する対策方法

   

IMG 4084

19年式、ACR50系のエスティマアエラスに乗っているの友人が、
ヘッドライトの曇りすぎて光度がでず、車検が受からないのさ」との相談。
聞いてみるとディーラーのライトテスターにて、
車検に必要な光度がでなかった。そしてバルブ交換をしてみたけどそれでも
改善しなかったの連絡をくれたのです。

そこで、知り合いトヨタのディーラーさんに相談してみると、
なんとビックリ!友人の50系エスティマのディスチャージヘッドライトのユニット。
延長保証にて、左右同時に新品に交換ができるようなんです。

50系エスティマ アエラスのディスチャージヘッドライトの左右交換

エスティマのヘッドライトは9年の延長保証対応

エスティマアエラスのヘッドライト。延長保証の対象になっていました。
今回交換するレンズはエスティマアエラスでしたが、
同じエスティマでもハイブリットに関しても同様に保証対象になります。

本来トヨタ車のヘッドライト交換の保証期間は、
3年または6万km走行しかないのですが、
な、なんと!(わざとらしい)
最大で、9年間まで保証範囲が拡大しているのです。
LINK:エスティマ、エスティマハイブリッド ヘッドランプの保証期間延長

つまり19年車や20年車のエスティマでも、
まだ保証期間に間に合う年式でもあるんですよねー※現在平成28年。

内容は、ヘッドライトの内部に
水が侵入することによるレンズ汚れなのですが、
交換するには、あまり関係がないようなんです。

実際に、お願いして交換してもらいました。
かなり表面が曇っていたので、新品と並べてみると違いが良くわかります。
手前が新品で、奥が不具合品です。

IMG 4210

もちろん、ヘッドライトユニットの単体不具合ですので、
バラストなどのコンピューター関係は、一切付属していません。

バルブやバラストなどは、元々装着されていた、
古いヘッドライトから流用する必要があります。

IMG 4203

交換したあと、新旧のヘッドライトを比べてみました。

交換したあと、写真にて比べてみました。

撮影レベルが低すぎるので伝わるか微妙ですが汗、
ビフォー・アフターを載せておきましょう。

まずは右のヘッドライト、黄ばみがとても目立っていて、
全体的にくすみがあり、曇っています。

IMG 4087
こちらが交換した後のヘッドライトになります。
やはり新品なので、色がクリアです。透明感が半端じゃない!

IMG 4196

 

今度は左側です。ライト点灯させていない状態です。
こちらも黄ばみがすごくて、一度コンパウンドで磨いてみましたが、
ウエスが真っ黒になってしまいました。

残念ながら、私がもっているコンパウンドでは
効果は全く無く、磨きすぎて腕がぷるぷる痙攣しそうになっただけです汗

IMG 4085

 

撮影した時間もちょっと違いますが、それでも見た目は全く違います。
全くの「加工なしの写真」なのですが、完全「クリア」です。

IMG 4194

ついでにやったこと。

せっかく、ヘッドライトユニットを新品に交換したので、
HIDのヘッドライトバルブも新品に交換しました。

ACR50系エスティマアエラス用の
ディスチャージヘッドライトバルブを取り付けしました。
ノーマルのバルブよりも明るさ抜群です。

また、今回のケースではヘッドライトの曇りが原因で
光度が不足になり車検が不合格だったのですが、
必ずしもヘッドライトの本体だけが原因だとは限りません。
例えば、

  • ヘッドライトがバルブ切れにより点灯していない。
  • ヘッドライトバルブ自体の光度が足りていない。
  • ライトの光軸調整用の調整ネジが壊れている

など、ライト表面の汚れが原因であるとは限らないのです。

その中でも、ヘッドライトバルブ自体の光度がでないとは
よくある話ですので、もし保証期間が過ぎていたり、交換しても光度が足りない場合には、
まず「バルブ交換」を先に行うことをおすすめしています。

まとめ

IMG 4192

まさか、8、9年経過した車のヘッドライトが
保証で交換できるとは思っていませんでした(流石だぜトヨタ自動車!)

ですが、ACR50系のエスティマアエラス。
デビューが18年車ですので、モデルチェンジした車はもう
保証対象外になります。

ヘッドライトクリーナーなども、便利ですが、
やはり新品交換には敵いません。

また、エスティマアエラスの中古車を探している方にも
朗報だと思います。
中古車を購入した時点で、新品に交換できるチャンスがあるのですから。

新品で交換すると、工賃を含めると片側だけで軽く4万円はします。
両方あわせてなんと「8万円」になり、大きな出費ですよね。

ヘッドライトが曇っていて悩んでいる
既存のユーザーは一度ディーラーに確認してみよう。
また、これから子供などの家族のためにミニバンを検討中のユーザー、
特に50系のエスティマ・エスティマハイブリットを狙っている方も、
参考にしてくださいね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
7割の未公開車両の在庫を優先的に見つけてもらえる。

⇒中古車販売実績NO.1のガリバー

であなたの条件にピッタリ合う、1台を見つけよう!

また、新しい車を購入すらなら、下取りではなく、買い取りがベストです。
高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。
提携会社50社以上の厳選された買取店の中で、
最大で10社の買い取り業者にて比較することができるの一括査定の強みです。

自分が乗っていた愛車の本当の価値を知りたい
そんなあなたには、わずか45秒でかんたん・無料で申し込みができる。

►►かんたん車査定ガイドを利用してみてはいかがでしょうか?

かんたん一括査定ガイド

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ