クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

誰でもできる! プリウスやアクアのスマートキー電池交換の方法

      2016/08/15

カギ

「あれ、ドアが開かない?」「プッシュボタンでエンジンがかからない!」
プリウスやアクアなど、トヨタが採用したスマートキーの電池が切れてしまうと、
『READY』ランプが点灯せず、走行することができません。

本日は、現在トヨタ車の主流になっている、
「スマートキーのリモコン電池交換」の方法を紹介します。

ディーラーやカーショップで交換すると、
案外高くつきますが、作業自体は小学生の工作並みにかんたん。

他人に任せするのではなく、できることは自分でやりましょう。

►►トヨタのハイブリッドカーの車検を格安でとるなら楽天車検へGO!

最新のトヨタ車のリモコンキー電池交換方法

カギと電池

スマートキー電池規格は「CR1632」
現在スマートキーがこの電池サイズです。

ただ、電池サイズが違うと全く取り付けができなくなるので、
古い車の電池を交換するときは、取り外してから確認したほうが間違いないでしょうね。

では、実際に交換手順を説明していきます。

リモコンキーの電池交換方法

まずはスマートキーに刺さっている、
メインキーを取り外します。

これは多分、誰でもできますよね。
やり方はかんたん、カードキーの側面のボタンを押しながら、
側面

 

そのまま引き抜こう。
兎にも角にもこのキーを抜いてしまわないと、
電池交換はできないのでご注意を。
トランスミッター

 

すると側面を着目してみると、何やら意味深な溝があります。
トヨタ車のスマートキー電池交換がかんたんな理由はこちらにあります。

トランスミッター溝

 

抜いたメインキーの先端を使用します。
この先端を意味深な溝にピッタリとハマるので「グリッ!」と回します。

トランスミッター取り外し

 

すると、ケースが真っ二つに「ガバっ!」と開きます。 ※擬音ばかりで申し訳ない。。。
トランスミッター捻る

リモコンキーの中身電池交換

これでケースが真っ二つ分離されました。
右側の緑色の部品が電池が入っている基板になるのです。

私の知り合いが「ここまでは分解できたけど、
この先怖くて触れない」なんて言っていましたが、ここまできたらもう
交換目前ですからね。
分解図

「裏返しみると!」
プリウス

 

 

「はい!見えた!」
よく100円ショップなどで販売している、
ボタン電池が見えてきましたね。
電池

 

ここは薄刃のマイナスドライバーなどを使用して、
電池を取り出してみよう。
深爪なワタシには取り出しが不可能でした(^_^;)

軽い力で取り出せるので、あまり力を入れすぎないように。
グリグリと力を入れると、まわりの部品を損傷することになりますからね。
電池取り外し

 

しっかりと溝に合わせて、電池を取り付けしよう。
こちらも強引に入れちゃダメです。絶対ダメ!
電池取り外し

 

あとは同じような手順でスマートキーカバーを取り付けしよう。
向きがあるので気をつけてください。
取り付け

 

最後にしっかりと作動確認。
トヨタ車のスマートキーはボタンを長押しすると、
赤く点滅します。

実際に電池が裏返しになってたりしていると、
ボタンの液晶は一切点灯しないのでもう一度分解して確認して下さい。
作動確認

 

念の為にテスターで電池残量も確認してみた。
2.8ボルトなのでもう風前の灯だったようです。

2.8ボルトぐらいの電池残量ですと、
スマートキーの感度も悪く、開いたり開かなかったりと
ちょっとした不具合がでてきます。
テスターにて電池確認

ちなみに新品の電池残量は約3.2ボルトあります。

電池の平均寿命なんて使用頻度や電池の品質によるので、
なんともいえませんが、車検(2年)おきぐらいに取り替えてもいいかもしれません。

突然スマートキーの電池がなくなったら、エンジンの始動方法を忘れてしまい、
テンパッてしまう可能性があるので、安心のために交換しておきましょうね。

ちなみに、同じエンジンの始動不良でも、
電池ではなく、バッテリーあがりが原因で、交換が必要な場合には、
こちらの記事をご覧ください。

30系プリウスのバッテリーあがり!交換方法の手順と費用について解説
30系プリウスのエンジンがかかない。 朝エンジンを始動してみると「READYランプ」が点灯していない。 このような状態なら、バッテリーあがりを起こしている可能性が高

参考:30系プリウスのバッテリーあがり!交換方法の手順と費用について解説

まとめ:何事も”やってみる”心が大事

スマートキーの電池交換ぐらいは自分でできるようになろう!

車の部品交換だからと言って、
苦手意識を抱いてはいけません。

案外かんたんにできる部品交換だってたくさんあります。
スマートキー、リモコンキーの電池交換なんてこのもっともな例。
「何事もやってみる!」
電池なんて100円ショップならば、当然108円で、
電気屋さんでも300円程度で販売しているので、規格を間違わないように購入してみよう。

ちなみにカーディーラーやカーショップに任せただけで、
1000円近くは取られてしまいますからね。

それでは今日はこんな感じでした^^

 

 

車検の次期が近づいて来ていませんか?

プリウスやアクアなどは、法的費用が安いので、
車検自体が大幅に節約できる可能性があります。

こちらがプリウスの車検についての記事。

プリウスの5年目の車検代。ディーラーとその他の料金の違いは?
「プリウスの車検代をできれば安く済ませたい」 プリウスを購入して2回目、つまり5年目の車検の時期になりましたが、 ※乗用車は新車から3年目で初回車検、5年目で2回目の車

参考:プリウスの5年目の車検代。ディーラーとその他の料金の違いは?
で、こっちがアクアの車検の記事。

ディーラーは高い!アクアの車検費用と実際の見積もり比較してみた!
「アクアの車検っていくらぐらいでできるのだろう。。」 車をとって3年というのは「はじめての車検」の時期でもあるのですが、 アクアユーザーだけではなく、ほとんどのドラ

参考:ディーラーは高い!アクアの車検費用と実際の見積もり比較してみた!

 

メーカーである、「ディーラー」での車検見積もりと、
ポイントサービスが充実している、「楽天車検」の価格比較なども行っているので、
参考にしてみてくださいね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の故障トラブル