初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

バッテリートラブル

キャンピングカーの「始動用バッテリー」をネット通販にて購入!

更新日:

IMG_4364

「バッテリーあがってエンジンがかからねぇ」汗

キャンピングカーに乗っているユーザーは、その「あまり乗らない」という特性からよくバッテリー上がりを起こしている印象があります(個人的な感想ですが)

よく私の知り合いのキャンピングカーオーナーからも「バッテリーが上がったから助けて!」とレスキューを依頼されます。

新しい車、また交換してからまだ間もないバッテリーであれば、バッテリーケーブルをつないで再始動すれば充電することで復活することもあるのですが、比較的年数が経過したバッテリーは交換したほうが早いでしょう。

今回の記事では、バッテリー上がりを起こしたキャンピングカーのバッテリーをネット通販にて購入したので、交換手順とバッテリー交換にかかる料金について解説をしていきましょう。

バッテリー交換する前の準備

ちなみに、キャンピングカーは定番の「ハイエース」です。

ガソリン車であるTRH219というモデルになります。

ちなみに、ハイエースのバッテリーはエンジンルームを開けた助手席側に格納されています。

 

ハイエースのエンジンルームを開ける方法は、2個のフックを取り外すことで開けられるようになっています。

 

レバーを上に上げます(結構固いですよ)

 

中央にも同じようにレバーがあります。

 

はい。まずはここにメインバッテリーが格納されています。

 

もし、頻繁にバッテリーあがりを起こしているならジャンプスタートのようなポータブルタイプのバッテリーチャージャーをひとつ用意したほうがいいかもしれません。

旧型バッテリーの取り外し方法

それでは、メインバッテリーを交換する作業に入っていきましょう。

まずは、

マイナスターミナルから取り外しをすること

基本これさえ守れば、あとはどんなやり方で交換しようが問題はありません。

10ミリのコンビレンチでターミナルのナットを緩めていきます。

 

バッテリーのちょうど真ん中、中央にバッテリステーで止まっているので10ミリのナットを取り外ししましょう。

 

最後にプラス側のターミナルを脱着します。

 

ハイエースのバッテリーは、持ち上げる態勢が非常に悪く力が入りづらくなっています。

ですから、このように持ち上げるためのバンドが用意されています。

バッテリーの配線を上手に避けながら真上に持ち上げます(重量注意!腰を悪くする可能性あり)

新品バッテリーへの交換作業

それでは取り付けに入ります。

ターミナルの位置があっているか。寸法があっているのかなどしっかりと確認しましょう。

ハイエースのガソリン車は標準サイズで「80D26R」なので「80D26R」「85D26R」「90D26R」など「D26R」の部分さえ一致すれば問題ありません。
※数字の違いは性能ランクの違いです。

 

今回ネットで購入したデルコバッテリーには取っ手がしっかりとついていましたが、念の為バンドも移植しました。

 

あとは同じように配線に注意をして垂直にまっすぐ載せます。

隙間がないので、ゆっくり慎重に取り付けしましょう。

 

あとは取り外した順番とは逆に取り付けをします。

取り付ける順番は「プラスターミナル」→「バッテリーステー」→「マイナスターミナル」で装着していきましょう。

エンジン始動できるか確認、あとは各種設定作業をする

バッテリーを交換したので、もちろんエンジンが始動できるのか確認です。

無事始動できたとしても、まだ終わりではありません。

例えば、メーターの時計などは狂っているので調整が必要です。

 

また、ラジオやテレビのチャンネルなどのプリセットも狂っているはずなので正しいチャンネルに戻しておきましょう。

以上でバッテリーを交換の説明は一通り終了です。

あとはターミナルの締め付けなど再度確認してから、シートを元の状態に戻しておきましょう。

まとめ

キャンピングカーはその特殊性ゆえに、ショートトリップ運転(短い距離)の運転が非常に多くなる傾向があります。

また、通勤などで毎日乗るわけでもないので、バッテリーが放電しやすくバッテリー上がりを起こしやすくなります。

ですから、「バッテリーあがり」を起こした場合に備えて、車の中には常時ジャンプスタートのようなカーグッズを備えておくべきでしょう。

 

また、「バッテリーあがり」を何度も繰り返すといよいよ交換の時期になります。

ただ、ディーラーなどで販売しているバッテリーは非常に割高で、30,000円以上するのも珍しくありません。

それなら、ネット通販で購入できるバッテリーがいいでしょう。

おすすめは、カーエイドというバッテリー専門店で販売しているインフィニットバッテリーです。

インフィニットバッテリーは16,800円とディーラーのバッテリーの約半額。

しかも専門店のノウハウがつまったオリジナル商品なので、品質も高く最高クラスなんです。

ディーラーやカーショップなどリアル店舗でバッテリーの価格に嫌気がさしているならカーエイドのインフィニットバッテリーを選んでおけば後悔することはないでしょう。

►►ネット通販カーエイドでバッテリーを購入してみる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-バッテリートラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.