初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

アルファード

中古車でも10年は乗れる! 20系アルファードハイブリッドは買いなのか?

更新日:

20アルファードハイブリッド

最近歩いていると、20系アルファードハイブリッド(以下アルファードHV)に乗っている方を
よく見かけるようになりました。

30系の新型アルファードからの乗り換えた方が多いせいか、
中古車の需要も増えてきているようです。

中古車市場の原理は、

新車が売れる→下取りが増える→旧型車を購入する。
こうやって規模は大きくなっていきます。

それでは、今日の本題へ。
アルファードHVの20系は果たして「買い」なのでしょうか。

ガソリン車もある中で、
わざわざ高いお金を出して購入する必要があるのでしょうか。
私も持論も入っていますが、まずは話を進めていきましょう。

トヨタ・アルファードHV(ATH20)は買いか?

まずはアルファードHV当時の価格を調べてみましょう。
グレードはGで掲載しています(※新車の場合です)

車両本体価格 440万円
自動車税 1万5000円 リサイクル料 1万716円
自動車取得税 0円 自賠責保険料 3万5390円
自動車重量税 0円 付属品+諸経費 7万円
①購入時総額 453万8550円

もちろんエコカー減税対象車ですので、
取得税や重量税はかかりません。
ただやはりネックは当時400万以上した新車の価格でしょう。
エコカーとは最早言えませんよね。

20系アルファードHVとガソリン車との違い

もちろん1年間に走る走行距離や自動車保険料金また駐車場代などで
かなり大きな変化をしていくのでランニングコストはかんたんには計算することができません。

またガソリン車との比較を考えてたときに1番大きな差は購入価格でしょう。
なんとハイブリッド車のほうが100万円近くは割高になります。

確かにハイブリッド車のほうが、ガソリン車よりも
静粛性や乗り心地では優れていると思いますが、それで100万円の価格差は正直
大きいと感じています。
私はその価格差に見合うだけのメリットをどうしても感じ取ることができないのです。

わかりやすい例を出すと、平均の燃費でしょうか。
アルファードHVの実燃費はおよそ12km/Lに比べてガソリン車の燃費は8km/Lなので、
リッター4km/L差があります。

4km/lがどのぐらいの差が出るかというと、
1万km走行するごとに約6万円の差がついていきますので、
10万km走行すると、約60万円の差
アルファードガソリン車との価格差が約100万円なので、
元を取り戻すには「 約17万km 」走行しなければならないのです。
逆を言えば、20万kmぐらいを目安に乗るつもりであれば、
十分に元を取り戻すことは可能なんですよね。

20万km走行でも耐えることができる?

20万km走行するという観点だけを見れば私自身の考えでいくと、
十分に可能です。

はっきり言って、今のトヨタ車は耐久性が最高レベルなので、
故障リスクがとても少ないのです。

過去の車の平均寿命は、10年間、10万kmがほぼ限界でしたが、
今現在の車に関して言えば、全く問題がありません。

問題を挙げるとすると、車自体というよりも、
購入したユーザーが、どれだけ車に対して愛情(メンテナンス)の労力と時間をかけることが、
できているかのほうが重要なんですよね。

車の寿命は、購入したユーザーで決まる

こんなこと今更いう話ではありませんが、
車を長く乗り続けるたったひとつのポイントは、あくまでユーザー自身がしっかりと
自動車と向き合えるかどうかで決まることなんです。

[nlink url="http://kuruma-hack.net/meyasu-781/" title="中古車選びで走行距離の目安は?それより大事なたった一つのポイント!"]

参考:中古車選びで走行距離の目安は?それより大事なたった一つのポイント!
こちらの記事でもメンテナンスの重要性には書きましたが、
実際のところ、車を長く乗り続けられない9割の原因は購入ユーザーです。

せっかくどんなに優れている車を購入しても、

  • 1年に1回の定期点検もしない
  • 毎回格安車検で済ませる。
  • オイル交換すらしない
  • なにか気になることがあっても放置する
  • 洗車もしないので異常に気がつかない

新車から3年間ぐらいはこのような扱いでも特に問題はないでしょう。
ですが、長い年月をかけて考えてみると大きな差がでるのは間違いありません。
ただ、それでも「アルファードハイブリッド」という
ネームバリューを考えてみると、購入意欲は湧いてきます。

しっかりとして、大手販売店から購入してみると、
状態も良く。長期保証もついているので安心でしょう。

30アルファードが発売してもうすぐ1年になるので、
そろそろ購入を検討してみてもいいかもしれませんね!

まとめ:10年間は乗れるがしっかりと検討しよう

できるだけ状態の良い中でもいいと考えているならば、
20系のアルファードハイブリッドは10年は乗り続けることが
できるでしょう。

やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番でしょう。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから安心です。

できるだけ安く車を購入するなら中古車のガリバーがおすすめです。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「プリウス」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►【無料】愛車の一括査定はこちら。

 
かんたん一括査定ガイド

-アルファード

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.