初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車を高く売るテクニック

ディーラーの営業マンが下取り車を横流しするリスクと対策

投稿日:

ディーラーでの下取り額に不満がある。

そうなった場合あなたはどうしますか?

たとえば、100万円で下取りしてもらいたいのに、半分の50万円にしかならなかった。

他の買い取り店にもっていきますか?それとも、「仕方がない」と諦めて泣き寝入りしてその査定額を受け入れますか?

もしそんなとき、営業マンから「知り合いの業者に相談してもいいですか?」など言われたら要注意。

あなたの車は、ディーラーではなくどこかの業者へと横流しされる場合があるのです。

ここでは、下取り車が横流しされる理由と営業マンが裏で行っていること、また、どこの馬の骨かもわからない業者へ、横流しされる危険性にフォーカスを当てていきます。

新車の営業マンが下取り車を違う業者へ横流しする理由とリスク

なぜ違う業者に横流しをしてしまうのか?

そもそも、なぜ自分の会社に下取りしなければならない車を違う業者に横流しする必要があるのか?

その理由は大きく分けて2つあります。

  1. 下取り金額がユーザーの希望価格にならず他の業者で高く買い取ってもらう。
  2. 横流しすることで業者から仲介手数料をもらう。

もちろん、下取り車の状態が悪くとても買い取れる状態じゃないなどというケースもありますが、私が過去に見てきた中では、大体はこの2つの理由に集約されます。

ではそれぞれ説明していきます。

下取り金額が合わず他の業者で高く買い取ってもらう。

ユーザーが希望する下取り希望額とディーラーが提示する査定額の違いを埋めるため、下取り車を横流しするケースがあります。

 

もちろん、会社では営業マンの横流し行為は認められておらず、自分の判断で行っていることがほとんど。
ただ、唯一かばうのなら、「ユーザーの為」にやっている行為とも言えるでしょう。

 

なぜこんな危険行為を犯してまで横流ししているかというと、査定額がユーザーの希望額となれば新車(中古車)の契約が決まるからです。

たとえば、300万円の新車を購入する予定で予算がピッタリ200万円、下取り希望額が100万円だったとしましょう。

ディーラーで査定したところ80万円という結果が出た場合、予算200万円+下取り査定額80万円で280万円となり、残念ながら購入予定額の300万円には届きません。

 

その一方で、業者に横流しすることにより査定額を20万円上乗せしてもらい予算200万円+下取り査定額100万円で300万円となり契約が決まることもあるのです。

「そう簡単に査定額なんてアップするの?」と疑問に感じるかもしれませんが、実際に個人でやっている業者のほうが高価買取するケースは非常に多いのです。

もちろんそれには理由があって、そもそもディーラーは、その後の再販を予定していることから下取り査定額が低くなる傾向があります。

たとえば、ディーラーは買い取ったあと現状販売することはほとんどありません。

そのため、傷の塗装や販売後のアフター保証費用など今後かかるリスクを想定のうえに査定額を決める傾向があります。

つまり、今後の利益を含めて下取りをするので市場価値を反映しているとは言えません。

ですが、業者ではそこまで大きなアフター費を必要としていないので、市場価値さえ高ければ高取りすることも珍しくありません。

また、営業マンは横流しするとき、知り合いの業者に頼むことがほとんどなので価格の面で交渉できたりもします。
※今後の見返りなども含め。

いずれにしても、違法行為とはいえユーザーの為と自分の販売台数確保のために横流しをする営業マンは今後もいなくなることはないでしょう。

仲介手数料をもらっているので横領に当たる。

もうひとつの理由は、営業マンが業者から「仲介手数料」をもらっている場合があります。

たとえば、1台につき「3万円」また利益が大きな車種については「5万円」「10万円」などの場合もあります。まあその時点でこの車の価値はもっとあるんですけどね。

明確な契約などあるわけがなく、あくまで手数料や紹介料として手渡しで行われており、営業マンと業者の横のつながりが深いほどこのような違法行為は行われています。

もちろんはじめは彼らもユーザーの為を想い、業者に引き取ってもらっていたのかもしれません。

ですが、中には一度でもかんたんにお金を手にすると、仲介手数料をもらうことを目的になっていく営業マンがいます。

まさに、悪に手を染める瞬間と言えるでしょう。

下取り車の横流しはハッキリ言って「横領」です。

多分日本全国にあるほとんどのディーラーで、一人や二人ぐらいの営業マンは横流しがバレて会社を首になっています。

名義変更などしないで売られている場合がある。

下取り額さえ高くなれば良いからと言って、自分の車が最終的にどこに行くのかぐらいはしっかりと確認しておきましょう。

なぜなら下取りした先が、ディーラーではないなら「まっとうな業者と悪質な業者がある」からです。
たとえば、

  • 店の経営状況が悪く、支払いがされない。
  • 下取りに出したまま名義変更をしない。
  • 下取り車の点検整備記録簿や自賠責保険などから個人情報が流出する。
  • ナンバー変更されず販売される。

など、誰もがわかるような当たり前の行為がされない場合があるからです。

残念ながら車業界には、良い業者と悪質な業者が存在します。

もしあなたの車がディーラーではなく、悪質な業者に流れてしまっていたのなら余計なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

車は大金が動く商売でもあり、お金の面や手続きの面でトラブルが後を絶ちません。

まとめ

ディーラーで下取り査定額が満足いくものなら横流しになったりすることはありません。

でも現実には、ユーザーの希望通りになるケースは少なく、その結果違う業者への横流しなどにつながっていくのです。

そんな、見たことも聞いたこともないような業者へあなたの車を横流しされるぐらいなら、もっと安全な方法で査定額アップにチャレンジしましょう。

 

たとえば、大手買取店であるガリバーなどを利用してもいいですし、ネットで申込みができる査定サービス「一括査定」を利用してみてはどうでしょう?

PCからはもちろん、スマホからでも無料でかんたんに申し込みすることができます。

一括査定で複数の買い取り店で比較してみると、ディーラーと業者の価格差など、あっさり埋まってしまうことだってあります。

 

しかも、一括査定のサービスのひとつである「かんたん車査定ガイド」では最大10社の業者と同時査定をすることができて、さらに事前に概算金額まで知ることができるので、今あなたの車の参考下取り価格や、ディーラーとの価格比較などかんたんにおこなえます。

下取り額が合わないからと言って、違う業者への横流しをされるぐらいなら、まっとうな方法で査定額をアップしましょう。

どこの馬の骨かもわからないような業者へ横流しされ、無駄なリスクを負うよりもよっぽど正しく、結果がでやすい方法なのですから。

あなたまで、ルール違反を犯す必要はないですからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「フィット」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-車を高く売るテクニック

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.