クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

60系の新型ハリアーに国産のSUVスタッドレスタイヤ(冬)を購入!

   

img_6111

そろそろ雪で天候がやばくなってきたので、
ハリアー60系のスタッドレスタイヤ交換をしてきました。

乗っているハリアーのグレードは、
PREMIUMのガソリンなので、18インチというなかなかの大型サイズ。
そこで、下位グレードである17インチにダウンサイズして、ランニングコストをちょっとでも下げました。

また、安い海外メーカーの冬タイヤも検討しましたが、
結局はSUVスタッドレスタイヤとして人気がある、
ダンロップの「WinterMaxx(ウインターマックス)SJ8」を、
楽天にて購入し、タイヤショップにて組付け作業してもらいました。

今回はウインターマックスSJ8のレビューも含めて解説していきます。

60系ハリアーにダンロップのスタッドレスタイヤに交換

ダンロップのウインターマックスSJ8

今回購入したのはこちら。
メーカーはダンロップ。モデルはウインターマックスのSUV専用タイヤSJ8になります。

先代モデルのSJ7の後継タイヤとして登場した、
ウインターマックスの技術として開発。

MAXXシャープエッジナノフィットゴムなどの先進技術を搭載しながら、
4WD専用のトレッドパターンを採用しました。

氷上でのブレーキ性能はSJ7よりも11%向上。
タイヤ剛性もアップしているおかげで、スタッドレスタイヤとしての寿命も7%伸びています。

ハリアーのタイヤサイズは17インチ?それとも18インチ?

念のため、ハリアーのタイヤサイズを確認しておきましょう。
ハイブリット、ガソリンともに2パターン構成です。

PREMIUM
”AdvancePackage”
PREMIUM ELEGANCE GRAND
235/55R18 225/65R17

冒頭でも説明したとおり、今回のハリアーは、
PREMIUMグレードなので235/55R18が標準サイズになります。

ただ、冬タイヤって新車に付属されるわけじゃありません。
ディーラーにて新車で購入しても、冬タイヤをサービスしてくれるわけじゃないので、
新車購入時に別途自分で購入が必要になります。
さらにタイヤだけではなく、ホイールも必要になるので中々の出費ですよね。

ですから、標準サイズである18インチを購入するのをやめて、
タイヤのランニングコストを抑えるために、
サイズを1ランクダウンさせて、17インチにダウンサイズしてもいいんです。

✓POINT:ハリアーのタイヤサイズについて
タイヤは17インチ、18インチどちらを履いても問題はない!

ハリアーのスタッドレスタイヤに交換

こちらが今回購入したウインターマックスSJ8になります。

img_6039

 
運良くホイールはいただけることになったので、そのまま組み付けしてもらいました。
進行方向に溝がついているので、左右でタイヤローテーションが決まっています。

img_6099

また、組み付けするだけではなく、ホイールバランスもしっかりと調整してもらいました。
ホイールバランスをとるだけで、高速走行でのハンドルのブレなどを抑制します。
ハリアーぐらいのSUV車なら、なおさらステアリング性能に気を配ったほうがいいので、ホイールバランスだけはしっかりと調整してもらいましょう。

ハリアーのタイヤ交換を実施して試運転にいってきた。

タイヤの慣らし運転も合わせて、試運転を兼ねてタイヤの効き具合をチェック。
雪が本降りになる前に、できるだけ走行しておいたほうがいいでしょう。
(もう雪が降っちまったので遅いですけどね^^)

img_6116

ひと通り、冬の滑りやすい路面を走行してきました。
思った以上に路面にタイヤが食いつくような感じで効きも上々です。

雪道はもちろんのこと、早朝の日蔭の路面、トンネルや夜のブラックアイスバーンなど、
凍結路でもしっかりと止まることを確認できました。

また吹きざらしになっているポイントでも、確実に駆動力が路面に伝わります。
4WDということもありますが、これなら雪がどっさりと降ったとしてもスタックすることもありません。

これなら雪道に慣れていない方、
例えば、北海道や東北に初めてきた方や運転歴が浅い方など、
冬道初心者ドライバーにも、ウインターマックスのSJ8はかなりおすすめです。

img_6112

まとめ

img_6115

やはり某ライバル車CMでも、綾瀬はるかさんが言っていましたが、
「冬こそ性能でちゃんと買い」ということなんですかね。

スタッドレスタイヤには、なるべく評判の良いタイヤを選ぶべきでしょう。
特にミニバンやSUVなどは滑って事故でも起こしてしまったら、
出費が大きくかかるのは間違いありません。

しかも自分ひとりで乗っているだけなら、まだしも
奥さんや小さな子供さんなど、家族だって乗せている場合だってあると思います。

それなら特に、スタッドレスタイヤには神経を集中させるべきでしょう。

事故ってからじゃもう遅い。その前にできることはやっておきましょう。
その為には、ダンロップのSUV専用タイヤ「SJ8」がかなりおすすめです。
安全と安心を両方手に入れましょう。

 

 
ホイール付きはこちらからどうぞ!

 - タイヤ