クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新型50系プリウスでリコール発表!しかも不具合はブレーキ?その内容とは!?

   

IMG_4339

新型の50系プリウスがもうリコールになってしまった。

しかも内容は「ブレーキ」
でも、ちょっと注意して欲しいのがブレーキと言ってもフットブレーキではなく、
パーキングブレーキ(サイドブレーキ)の不具合のようなので、
前の型である30系プリウスのような不安はないと思いますが、
やっぱりブレーキ関係のリコールってあまり気持ちの良いものではないですからね。

それでは、解説していきましょう。

新型プリウスのパーキングブレーキケーブルのリコール発表

新型プリウスのリコール内容は?

まず肝心のリコール内容について説明しましょう。

img_5807

内容はパーキングブレーキ(サイドブレーキ)のダストブーツの先端の固定している位置が悪い為、
車が上下動したときにケーブル位置ずれが生じるようなんです。
位置がずれて隙間ができることにより、そのまま段差などを走行し続けるとケーブルが外れ、
パーキングブレーキが利かなくなってしまうようなんですね。

img_5806

そのため対策品として外れ防止のクリップを取付するようです。

img_5816
※クリックすると大きなります。
要するにパーキングブレーキの遊びをなくすために、クリップを追加して「抜け防止」をしようってわけなんですね。
img_5806

リコール対象の期間と作業する時間

対象車種は新型の50系のフルモデルチェンジしたプリウス。
すべての車種が該当します

台数は21万台になるようです。

車名 型式 生産期間
プリウス ZVW50 平成27年10月~平成28年10月
ZVW51
ZVW55

ブレーキが効かなくなってしまうのか?

ブレーキのリコールということもあり、
ブレーキが効かなくなって運転が危険ではないのか?という疑問もあると思いますが、
今回のリコールに関しては、フットブレーキが効かなくなるという心配はありません。

あくまで今回のリコールは、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)なので、
通常のブレーキペダル操作には関係ありません。

また、車を止めているときは通常通り「Pレンジ」にしておけば車が動き出す心配もありません。

作業時間はどれぐらいなのか?

作業時間は約30分を予定しているようですね。
まあ、クリップを左右のリアサイドブレーキに追加するだけなので、
分解などする必要はないでしょう。

また、オートマチック車を乗っているほとんどの方は、
パーキングブレーキを使っていないと思うので走行には影響を及ぼすことはないでしょう。
ですが、不具合が生じているのは間違いではないので早めにディーラーでの処置をしましょう。

もちろんこれから新車のプリウスを購入検討中の方は、
対策部品が装着されているので心配はありません。
►►50系新型プリウスをできるだけ安く購入する4つの方法

不具合が生じているのは、28年10月までのプリウスなのですから。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - プリウス