初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

モデリスタコンプリートカー

アウトドア好きなら!200系ハイエースの「MRT」シリーズが魅力的

更新日:

IMG_5210

ハイエース200系の「MRT」シリーズって聞いたことありますか。

トヨタの新車に取り付ける、エアロパーツやダウンサスなどを販売している
メーカー、モデリスタ社がプロデュースをしており、
現行型のハイエースを、より「趣味」や「遊び」に特化したカスタマイズで架装しているシリーズです。

仕事一辺倒だけでも、活躍できるハイエース200系を
アウトドアをより楽しむための助けとなる、MRTシリーズを紹介します。

アウトドアシーンに、200系ハイエースの「MRT」シリーズ

MRTとはなに?一体なんの略?

そもそもモデリスタから出している「MRT」とはなんの略なのか?

MRTとは(マルチ・ロール・トランスポーター)の略で、
モデリスタ社によると、
「遊びも仕事も自由自在 新世代基準」といったキャッチフレーズで展開しています。

そもそも、昭和42年にはじめて発売されたころのハイエースは、
キャブオーバートラックの形状で、
とても遊びで使えるような車ではありませんでした。

ハイエースは、元々はバンであり商用車だからです。

3ナンバーであるハイエースワゴンもありますが、
やはり主流ナンバーは1ナンバー、4ナンバーが大多数を占めており、
内・外装業、塗装業、建築業など、商用車ならハイエースというぐらい
日本の自動車シーンに存在し続けています。

しかし、200系ハイエースにモデルチェンジしてからは、
荷室スペースと使い勝手が劇的に向上した理由から、
商用車としてだけではなく、一般のユーザーからも愛される1台になってきたんです。

徐々に仕事の車から、遊びもできる車へと変貌を遂げたんです。

その「遊び」というユーザーの欲求をさらに満たしたモデルが、
モデリスタ社の「MRT」というわけなんです。

MRTには2種類の用途がある

ハイエースには実に多くのグレードがありますが、
「MRT」の基本的な構成は以下2種類になります。

200系を購入する7割のユーザーが選ぶ、
スーパーGLで、標準ボディ&ワイドボディでtype1とtype2の2種類。

標準ボディである4ナンバーDXの「GL」パッケージには、
type1を設定しています。

つまり「MRT」を架装したければ、
スーパーGLもしくは、DX”GL”パッケージの4ナンバーモデルの合計3種類を選ぶしかありません。

ハイエースワゴンやキャンピングカー、
グランドキャビンやコミューターなどはMRTを架装することができないので
その点は、注意が必要ですね。

床仕様のtype1:レジャー&ビジネスベース

carlineup_hiacewagon_customize_mrt_2_02_pc※DX”GL”パッケージ
carlineup_hiacewagon_customize_mrt_2_03_pc※スーパーGL

type1はレジャー&ビジネススペースのMRT

床仕様と名付けられているレジャービジネスベースは、
一箇所で耐荷重50㎏を誇る、アンカーナットがフロアに16箇所も装着されており、
積載物をしっかりと固定して安定感もあり、さらには、積み下ろしがスムーズになっています。

また床が専用のロンリュームフロアになっていて、
傷や汚れからフロアを守ることが可能です。

床とトリム仕様のtype2:スマートキャンパーベース

carlineup_hiacewagon_customize_mrt_2_04_pc※スーパーGL

また、どちらかというとよりキャンピングカーに近い、
スマートキャンパーベースは
フラットな床プラス、側面に専用のトリムボードを装備するこで、
オプションでベットキットなどを装着可能にさせました。

またtype1と同じく、アンカーナットも16箇所に装着されております、
側面のトリム側にも合計8箇所が打たれているんです。

IMG_5219

まとめ:遊びたいハイエースのために!

スクリーンショット 2016-08-25 19.21.53

徐々に詳しく説明はしていきますが、
「サイクルバイク」「スノーボード」「釣り」「キャンプ」など、
幅広いアウトドアシーンに対応していますが、それだけではありません。

車中泊などにも便利なベットキットをはじめとした、
オプションパーツがまだまだあります。
用途に応じて無限の可能性を秘めている「MRT」をできるだけわかりやすく
説明していきたいと思っています。

 

ちなみに、ハイエースの中古車ならネットで探すと圧倒的に早く見つかります。

特に誰もが知っている中古車サービス「カーセンサー」ならアフターサービスも充実しているので、ちょっと年数が経過した200系ハイエースに故障があっても保証にて対応することが可能。

中古車を探すコツは、展示している在庫車を足を使ったり雑誌で探すよりもネットで見つけたほうがはるかに効率的。

今すぐあなただけの200系ハイエースを見つけましょう。

►►カーセンサー200系ハイエースの在庫を探してみる。

スマホ用


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-モデリスタコンプリートカー

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.