クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

キャンプや車中泊をするならハイエース「MRT」をおすすめできる理由

   

IMG_5221

夏といえばキャンプをはじめとしたアウトドアで過ごす方も多いですよね。
私も大自然に囲まれた中で、家族とのキャンプや車中泊は毎年恒例になっています。

もちろん、「より充実した」アウトドアスタイルを構築したければ、
それなりのアウトドアギアは欠かせません。

その点で、ハイエース200系はキャンプにも相性抜群な車なんです。

ハイエースをラゲージカスタマイズをする、モデリスタの
マルチロールトランスポーター「MRT」のtype2で、
より充実したキャンパーライフを過ごしてみませんか?

キャンプや車中泊とMRTは相性抜群な理由

キャンプや車中泊にはサイドトリム仕様のtype2がベスト!

キャンプや車中泊には、サイドトリムを架装したtype2がベストでしょう。

carlineup_hiacewagon_customize_mrt_2_04_pc※スーパーGL

MRTtype2スマートキャンパーベースは、キャンピングカーに設計が近く、
フラットな床プラス、側面に専用のトリムボードを装備するこで、オプションでベットキットを装着することもできます。

車中泊にはベットキットが必須

スクリーンショット 2016-08-26 4.55.50
標準ボディ200,571円
ワイドボディ203,657円

スマートキャンパーベースであるtype2には、
ベットキットをオプション設定することで、より幅広く荷室を使用することができます。

例えば、ベットモードにすることで、
ベットの下のスペースを有効活用することができますし、
その上で、親子4人ぐらいなら余裕をもって車中泊をすることができます。

また、少人数でスノーボードに遊びにいくときなどには、
ハーフラゲッジモードなど、人数やスタイルによってベットキットのパターンを
使い分けが可能。
もちろん使用しないときは、収納しておけばいいんです。

また、ベット自体も防水仕様なので、
ネットなどで販売しているベットキットよりも、
利便性が高く、アウトドアとの相性もいいんです。

補助バッテリーがあると便利!

もちろんベットキットだけではありません。
キャンプなどのアウトドアでは、「電源」があると劇的に便利になりますよね。

スマホの充電程度なら、シガライターソケットがひとつあれば問題ないが、
コアなユーザーでほど、電源を重宝します。

私の妻は、キャンプ場で電源を使って料理をすることもあれば、
私自身もノートパソコンを使ってみ原稿打ちをすることもあります。
また子供たちにはブルーレイソフトで映画を見させることもあるんです。
このように、様々な家電製品やAV家電、
またはデバイスなど使うために電源を必要としています。

MRTのtype2である、スマートキャンパーベースには、
専用の補助バッテリーを205,200円でオプションとして取り付けすることができるので、
エンジンをOFFにしても、いつでも電気を引き出すことが可能です。

もちろん走行中に自動的に充電する、実用性のあるバッテリーなんです。

スクリーンショット 2016-08-26 4.57.49
205,200円

もっと詳しく知りたい方はYouTube動画の解説をご覧ください。

https://youtu.be/5x3km_1ru9Y

またそれ以外でもキャンプに電源があるだけで、夏には扇風機で暑さ対策をしたり、
寒い春や秋口には、電動の暖かいブランケットなどで寒さを対策も可能です。

もちろんエンジンを止めての使用を想定しているので、
車中泊などでは、想像以上に役に立つことでしょう。

まとめ

IMG_5220

現地まで車に乗って、テントを張り食事をして遊ぶ、
家族と過ごすキャンプは、最高の思い出作りになるでしょう。

その点、ハイエース200系はアウトドアをより充実させるために、
一役買うことは間違いありません。

私はキャンプ以外にも、

  • マリンジェットで遊ぶ
  • 自転車を積んで遊ぶ
  • 夏フェスの前日や帰りに車中泊をする
  • スノーボード前日に車中泊をする

など、やりたいことが山ほどあります。

MRTはそのアウトドアで楽しみたいという欲求を満たしてくれる、
トランスポーターなんでしょうね。

今回の記事は、トヨタ店に展示してあったMRTマガジンを参考に書きました。
無料でもらうことができるので、気になる方は店頭に足を運んでくださいね。

IMG_5251

 

ただ魅力的な「MRT」ですが、新車になってしまうので、
どうしても予算が合わなかったり、
本当に欲しいカスタマイズがされていない可能性もあります。

新車はちょっと無理でも、
カスタマイズされた中古車のなら値段もリーズナブルなので、
その結果あなたにかかる経済的な負担も少なくなりますよね。

自分だけのオリジナルのハイエースを手に入れるなら、
誰もが知っている、日本最大級の在庫車を誇る、
FLEX(フレックス)でWEB無料見積もりを使ってみましょう。



 - モデリスタMRT