初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車の変更手続き

車の使用を中止・休止する「一時抹消」の方法!必要書類と費用についても解説

投稿日:

ナンバーを外して『一時抹消登録』する方法!必要書類と費用についても解説

この記事の目的は、乗っている車の使用を一時的に中止・休止する『一時抹消登録』について解説していきます。

たとえば、「転勤になったので当分車を使用することがなくなる」とか「乗らないのに維持していれば無駄に自動車税がかかる」などという場合には、ナンバープレートを外して一時抹消登録する必要があります。

そもそも抹消には

  1. 車の使用を一時的に中止する「一時抹消登録」
  2. 車を廃車にして解体する「永久抹消登録」

の2種類がありますが、今回は、1の「一時抹消登録」についてです。

もちろん、ディーラーにお任せするのではなく「全部自分で行う」ことを前提として書いています。

当然、車のローンが完済されているのが大前提(完済されていないと不可能)。

やり方としては、大まかに分けていくと

ナンバープレートを車から外して必要書類と一緒に、運輸支局で一時抹消登録の申請をする。

手続き完了後、自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、保険会社に申請を行うことで残りの保険期間に相当する保険料の還付。

という流れだけ頭に入れておいてください。

あらかじめ言っておきますが、結構面倒なので、もし自分で廃車にするために、一時抹消する予定なら廃車買取業者であるカーネクストを利用して、買取業者に任せてしまったほうが楽です。

車を『一時抹消登録』するために必要な書類と申請方法

「一時抹消登録」するための必要な書類

まず先に、必要書類を箇条書きにして書いていきます。

一時抹消するために必要な書類

  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書(窓口で購入可)
  • 申請書OCRシート(窓口で購入可)
  • 所有者の印鑑証明書
  • 所有者の印鑑(実印)
  • 申請者が代理なら委任状(窓口で購入可)

ポイントは2つ。

所有者が「個人」なのかそれとも「販売店」なのか、また申請するのが「本人」なのかそれとも「本人以外」なのかで手間は大きく変わっていきます。

旧所有者が「個人」なのか「販売店」になっているのか確認する。

もし、車検証の所有者の欄がディーラーやカーショップなどの場合には、先に所有権を自分に変更する必要があります。

『車の所有者を『ディーラー・販売店』から『自分』に変更するために必要な書類や方法』でも書いていますが、まず所有者を赤の他人から自分に変更することからスタートです。

関連記事
車の所有者を『ディーラー・販売店』から『自分』に変更するために必要な書類や方法

この記事の目的は、車検証の所有者の欄がディーラーやカーショップなどになっているのを『本人・個人』に変更する方法について解説していきます。 もちろん、ディーラーに任せるのではなく「すべて自分で行う」こと ...

続きを見る

一時抹消登録するために用意する書類

所有者が本人なら、自分の印鑑証明書が必要になります。

一方、親や友人など他人が申請できず、あなたが代理人だったのなら、その方の印鑑証明書と委任状が必要になります。

委任状には、印鑑証明と同一の印鑑を押印をしてもらっておきましょうね。

そして、車検証。

車検証はダッシュボードの中に入っているはずです。

前後2枚のナンバープレートを外す。

車の使用を一時的に中止するには、ナンバープレートを陸運支局に返納する必要があります。

なので、前後2枚車から外しましょう。

普通自動車のリアナンバーには封印が装着されていますけど、再使用はしないので気にせずこじ開けて構いません。

画像:島根陸運支局

ちなみに、ボルトが錆びたりしたときにはなんでも外れる「ネジザウルス」があるとめっちゃ便利です。

created by Rinker
エンジニア(ENGINEER)
¥1,490 (2018/11/18 19:34:42時点 Amazon調べ-詳細)

書類とナンバープレートが揃ったら『陸運支局』にて申請する

書類とナンバープレート2枚が揃ったら、あとは自分の管轄にある陸運支局にいって申請をするだけ。

画像:札幌陸運支局

陸運支局では、窓口にてOCRシートをもらって記入していきます。

ちなみに、こちらも事前にダウンロードしておくことができますし、陸運支局によっては自販機コーナーがあり、手数料納付書や委任状のなどとセット購入もできます(移転登録なので350円で購入可)

使うOCRシート申請書は、第3号様式2といって左上の欄に「1330」と書いてあります。

そしてその場でOCRシートに記入していきます(記入例も窓口に書いてあるので心配なく!


画像:OCRシートの書き方サンプル

OCRシートを記入して、各陸運局の窓口に出せば、よほど混み合っていなければ30分もあれば完了します(空いている朝1番推奨!!)

いずれにしても、14時から16時ぐらいまでは混雑が予想されるので、なるべく午前中にすべて実施することをおすすめします。

「一時抹消登録」するためにかかった費用

今回、自分ですべての書類を用意して、そのまま一時抹消登録の申請をしてかかった費用の総額は、

・印鑑証明書1通:300円(役所によって違うけど200〜400円)
・名義変更手数料:350円
合計650円

たった650円で済みました。

この手続きをそのままディーラーなどに任せてしまうと、手数料というだけで3,000円程度は取られるので、もし時間がある方は地道に書類を用意して、自分ですべて申請したほうがいいですよね。

余談:自賠責保険が1ヶ月以上残っていると返納可能

もし自賠責保険の保険期間が1ヶ月以上残っているなら「返戻金」があります。

要は、車検が残っているかどうかで返戻金が有無が決まります。

一時抹消登録した日というわけではなく、また月割でもありませんが、保険会社の規約に基づいた返戻金があります。

自賠責保険については、それぞれの保険会社に直接申請するので、自分の車に積んである自賠責保険に記載されている保険会社の欄を確認ください。

今回やり方は割愛しますが、自賠責保険証に書いてある電話番号に連絡をすれば必要書類は教えてくれるので問い合わせしてください。

一時抹消登録に変更するためのまとめ!

今回の記事では、一時抹消登録について解説してきました。

一時抹消登録する目的は、

・転勤などで一時的に車に乗らない。
・車が維持できないので自動車税をストップさせる。
・永久抹消登録するために一時抹消登録する。

などがあります。

書類とナンバープレートさえあれば、誰でも申請することができますが、その一方で、自分で申請すると正直にいって面倒な作業です。

とくに所有者が他人だった場合、手間が2倍以上アップしますw。

それならいっその事、所有者の変更から廃車&解体、さらに車の引き上げなど全部代行してもらえる廃車買取のカーネクストのような買取業者を利用すれば、無駄な手間が省けて非常に楽なのでぜひ一度利用してみてくださいね。

スクリーンショット 2016-06-18 3.42.22
処分に困っている車。

例えば、事故車・不動車・多走行車だけではなく、車検切れや水没車なども買い取りが可能です。

通常このような訳アリ車を廃車業者に委託すると、当然手数料が必要になります。

業者によっては30,000円〜50,000円のような場所もあります。

なので、車の処分にお金をかけたくない方にオススメ。

もちろん、どんな遠方の距離でも、手数料が完全無料です。

►►廃車買取カーネクストで無料査定を申し込んでみる

 


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の変更手続き

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.