クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

結婚や離婚が決まったらやるべきクルマの変更ついて解説します。

      2016/02/16

divorce-619195_1280

結婚だけではなく、離婚をキッカケに数々の書類関係の整理に追われていると思います。

子供、暮らし、仕事など様々な環境の変化もあるでしょう。
クルマだって例外ではありません。

別れた旦那様名義で購入した、クルマの名義変更や、
車検証の記載変更なども、しておいたほうが後々問題が発生しません。

今日は車検証の変更手続きのお話をしたいと思います。
もちろんそのまま新しい生活をするために売却だって可能です。
それでは、いってみましょう。

車検証の氏名を変更する

IMG_1526

上の車検証を参考にしていただきたいのですが、
「所有者」と「使用者」で分かれています。

かんたんにいうと「所有者」と「使用車」が同一人物ならば「個人所有=元旦那様orあなたの名前
「所有者が販売先名義」で「使用車があなたや元旦那様」ならば所有者は「販売店所有」ということになります。

これはローンでクルマを購入したときに、
「まだローン完済していないので、所有権は販売店が持ちますよー」
ってだけの話です。

なので、車検証の氏名を変更したり、
住所変更するには「個人所有」と「販売店所有」でちょっと違うのです。

お店にお任せする場合

まずは車検証を参照してどの部分を変更したいのかを選びます。

  • 車検証の氏名を変更したい
  • 使用者の名前の変更をしたい
  • 所有者の名前の変更したい
  • 使用者のみ名義を変更したい
所有車と使用車が同一名義 所有車と使用車が異なる名義で、使用車の氏名を変更する場合 所有車と使用車が異なる名義で、所有車の氏名を変更する場合 使用車のみの名義を変更する場合
戸籍謄本 ◯※発行日から3ヶ月 × ◯※発行日から3ヶ月 ×
住民票 △(車検証の住所も変更する場合)※発行日から3ヶ月 △(車検証の住所も変更する場合)※発行日から3ヶ月 ◯(新しい使用者)
委任状 ◯(所有者の印鑑) ◯(使用者と所有者両方) ◯(所有者の印鑑) ◯(新しい使用者と所有者)
車検証
車庫証明 △(車検証の住所も変更する場合) △(車検証の住所も変更する場合) △(車検証の住所も変更する場合) ◯(新しい使用者)

本来ならば結婚や離婚をキッカケに車検証の氏名が変更になった場合、
15日以内に変更しなければなりません。

変更しておかないと、納税証明書の通知書が元旦那様のところへいってしまったりする
恐れもあるのです。

ただし、自動車購入店で車検証を変更したのならば、
費用はそこまでかかりませんが、
クルマを購入していない、全く違う販売店に依頼するときは注意が必要です。

販売店によって料金はさまざまですが代行手数料が別途必要になるでしょう。
私の前にいた会社でも新規に依頼されると15000円ほど頂いていました。
ナンバープレートの番号を変更しない限り、用紙なんて数百円なのでほとんどが手間賃です。
なんかちょっともったいない気がしますよね。

もし車検が近づいているのであれば、
車検と車検証の氏名の変更なども、車検実施工場に一緒に任せたほうが無難です。

ですが必要書類さえ集めてしまえば、そんな難しいことは
ありません。

では自分で陸運支局に持ち込む場合はどうすればいいのでしょう?

自分で陸運支局に持ち込んで手続きをする場合

当然自分で車検証の一式を持ち込んで、
陸運支局にて変更することも可能です。

所有車と使用車が同一名義 所有車と使用車が異なる名義で、使用車の氏名を変更する場合 所有車と使用車が異なる名義で、所有車の氏名を変更する場合 使用車のみの名義を変更する場合
戸籍謄本 ○※発行日から3か月以内のもの × ○※発行日から3か月以内のもの ×
委任状 ○(所有者の認印の押印があるもの) ○(使用者&所有者の押印があるもの) ○(所有者の認印の押印があるもの) ○(新しい使用者の委任状)※新しい使用者の押印があるもの
車検証
手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書
申請書
住民票 △(車検証の住所も変更する場合)※発行日から3か月以内のもの △(車検証の住所も変更する場合)※発行日から3か月以内のもの △(車検証の住所も変更する場合)※発行日から3か月以内のもの) ○(新しい使用者の住民票)
車庫証明 △(新しい使用者の車庫証明)※ 発行日から1カ月以内のもの) △(新しい使用者の車庫証明)※ 発行日から1カ月以内のもの) △(新しい使用者の車庫証明)※ 発行日から1カ月以内のもの △(新しい使用者の車庫証明)※ 発行日から1カ月以内のもの

この中でも「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書」
当日陸運支局にてもらうことができます。

あとはあなたの状況に合わせて、
変更に必要な書類を用意すればよいでしょう。

まとめ

結婚や離婚をすると、環境の変化で忙しいことでしょう。
でも、これからはなにかとお金が必要となることは間違いありません。

全て他人に任せることも大事ですが、
案外自分でできることも人に任せていませんか?

まずはなんでもやってみることが大切です。

また結婚の場合はそのまま乗り続けますが、
離婚をした場合は、車を乗り換える方は一定数以上いるようです。

わざわざ思い出も残す必要もないと考えるのでしょう。
確かに、新しい門出に乗り続けることにも抵抗があるのかもしれませんね。
「心機一転新しい環境で頑張る」という気持ちが大切なんですよね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の税金・変更手続き