クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

ekワゴンの車検をディーラーで実施!費用の面で後悔したひとつの答え。

   

img_5581

三菱定番の人気軽自動車、ekワゴンの車検をディーラーで受けてみた。

平成17年車なので、登録から10年経過しており距離も60,000㎞となかなか走っている。

そこで今回ディーラーでの車検なので、

  • 「車検費用はどれぐらいかかるだろうか?」
  • 「年式が経過していると、どんな故障個所があるのか?」

など、年式や走行距離数、また走行する場所また使用状況など、千差万別だとは思いますが、ekワゴンの車検を控えているなら参考にしていただきたいと思います。

感想としては、「わざわざディーラーに拘る必要はなかったかな」って思います。

►►楽天車検を利用いてekワゴンの車検を少しでも安く抑える。

ekワゴン(H81W)の車検整備をディーラーにて実施

ekワゴン(H81W)の車検費用の総額は?

まず、車検費用の総額から説明しましょう。

ekワゴン(H81W)の車検費用
整備代金 63,849円
検査代行手数料 13,932円
法定費用 ※34,070円
合計 111,851円
※法定費用の内訳
重量税:6,600円
自賠責保険料:26,370円
印紙代:1,100円
合計:34,070円

トータルで111,851円が定価で、
約4,000円値引をしてもらい、最終的には108,000円で車検整備を終えた。

ただ、軽自動車で108,000円というと、正直ちょっと高く感じますよね。

では今回、なぜ高額車検になってしまったのかというと、
法定費用の34,070円に対して、残りの整備代金の63,849円や、
検査代行手数料の13,932円などが大きな負担になっているからです。

では、今回の車検代が高額になってしまった要因でもある、故障内容について説明していきます。
整備代金の63,849円を内訳をいていきましょう。

ekワゴン(H81W)の故障部位

整備代金の63,849円の内訳を説明します。
車検基本料金16,200円と保安確認検査料の8,640円は、このディーラーでは固定の費用となります。

ekワゴン(H81W)の車検見積もり
車検基本料金 16,200円
保安確認検査料 8,640円
①ファンベルト交換代 8,532円
①ベルトテンショナー交換代 15,282円
②オイル交換費用 5,295円
③バッテリー交換費用 9,900円
合計 63,849円

車検の基本料金の16,200円はわかりますが、「保安確認検査料の8,640円ってなによ?」って思いませんか?

ディーラーのサイトを調べてみると以下のような定義があります。

保安確認検査料とは、道路車輌運送法において、お車が適合しているか否かを確認するものです。違法改造車の確認も中の一つです。保安確認検査料ってなに?
要するに、車検通るのかどうかを検査する手数料のこと。
まあ、さすがディーラーですよね。
本来このような費用は、車検の基本料金に含まれると思うんですがね。

①ファンベルトの鳴き

まず、ファンベルトが大きく鳴いていました。

特にエンジン始動した直後に大きなキリキリ音。
また、ベルトの亀裂もひどく、さらにはベルトのテンショナーからも異音が発生していることから交換が必要でした。
ekワゴンのベルトとテンショナーは、よく壊れると有名です。

img_5585

このファンベルトの交換費用が約8,500円、同様にベルトのテンショナーが約15,000円かかってしまった。

②エンジンオイルの交換

車検なので、オイル交換ぐらいはしておいたほうがいいでしょう。

ですが、もし自分で交換することができるなら、自分でやったほうが油脂代も安く抑えることができます。
まあ自分で交換するのも大変ですので、結局はディーラーで実施してもらいました。

ただ、軽自動車なのに、オイル交換料金が5,000円ってちょっと高くないか?

③バッテリーの費用

バッテリーも容量が落ちているので交換必要とのこと。
もう前回取り替えてから、約5年は経過していたので寿命だったようです。

img_5584

ただ、ディーラーで取り扱っているバッテリーはやはり高く、総額9,900円もしました。

容量は40B19Lという規格ですが、バッテリーの専門店である、
カーエイドのバッテリーなら容量サイズが44B19Lと大きく、
さらに5,000円以下で購入できます。

もしこのあたりをネットを使ってバッテリーを購入するなどの工夫をすれば、
もう少し車検費用を抑えられるはずです。

無事にekワゴンの車検整備は完了

無事に車検整備が完了しました。
保安検査適合証が出来上がったので、車検が通ったなによりの証拠。
とりあえず、安心です。

img_5582

あとは車検証が出来上がるのを待つばかりです。
最終的に108,000円という金額になりましたが、もう少し価格を抑えることができたのでは?と反省です。

やはりディーラーで車検をするということは、整備料金や、部品代など多少高くても我慢しなければなりません。

なぜなら、それがディーラーのブランド力でもあり、それがなければディーラーにて車検を実施する必要はないからです。

もし、ブランド力などいらないなら、
楽天車検という「費用の負担が少ない」車検サービスがあるんです。

車検費用を抑えるなら楽天車検がおすすめ。

もし、車検費用を少しでも圧縮するなら、楽天が運営する「楽天車検」という方法もあります。
確認のため、ekワゴンの車検費用を見積もりシュミレーションにて確認しました。

EKワゴン 楽天車検

もちろん法定費用は、ディーラーとすべて一緒ですが、
びっくりするのが、圧倒的に安い整備代金。
なんと、20,000円を切った、19,530円という安さになります。

ディーラーでは、

  • 車検基本料16,200円
  • 検査代行手数料13,932円
  • 保安確認検査料8,640円

とトータルで38,772円かかっていたことを考えると、

 

約19,000円楽天のほうが車検料を安くできる計算になります。

 

ただ、これだけ費用を抑えているからといって、整備品質が下がるわけではありません。

楽天と提携している車検の整備工場は、
「オートバックス」や「エネオスのドクタードライブ」、また「車検のコバック」など、民間工場としては、大手車検センターばかりです。

もちろん、楽天車検でもファンベルトやバッテリーを交換しなければなりませんが、
車検の基本的な費用を抑えることを考えたとしたら、無理をしてディーラーに依頼する必要がないと思います。

まず、楽天車検で見積もりをとってみよう。

楽天では事前に無料にて車検見積りができるので、おおよその費用を車検を受ける前に確認することができるでしょう。

まとめ

img_5590

今回ディーラーでの車検を受けたみた感想としては、価格以外ではおおかた満足しています。

その反面、唯一後悔していることと言えば、「費用をもっと抑えることができたよなー」ってこと。

実は多くの方が勘違いしていると思いますが、

  • ファンベルトが鳴いている
  • バッテリーが弱い
  • エンジンオイルが汚れている

でも、車検の合否判定には一切関係ありません。
費用を抑えるために車検に合格しあとに交換してもいいでしょう。

もしあなたが、本気で車検費用を抑えようと考えているなら、
►►楽天車検でekワゴンの車検予約をしてみよう。

車一括査定がおすすめ

車検受けるタイミングは車の入れ替え時期でもあります。
軽自動車の市場価値はまだまだ高く、査定額も期待できます。

私は以前、新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
インターネットの車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、
ディーラーの下取りよりも、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車検を受ける