クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

車の購入先と売却先の場所を別々に分けるべきたったひとつの理由

   

名称未設定.001

みなさんは、新しい車を購入するときに古い車はどうしていますか?

  • 購入先で下取りをする?
  • 違う場所で売却する?
  • もう乗られないから廃車にする?
  • 友人や知人に譲る?

様々な方法があるかとは思いますが、
できれば違う場所売却をしたほうが絶対にいいと思っています。

確かに、ひとつの場所ですべてのサービスを受けたほうが、
かんたんですし、楽だとは思いますが、
それは明らかに「もったいない」ことだと言えるでしょう。

その理由を私が解説していきます。
もし、同じように悩んでいる方がいるなら参考にしてみてください。

車の購入先と売却先を分けたほうが良い理由

安く購入できる場所が、必ずしも高く売却できる場所ではない

新車でも中古車にしても、なるべくなら安く購入したいですよね。

新車なら、狙っている車種を販売してるディーラー。
中古車なら、ディーラーや中古車販売店、
また最近では、ネット中古車販売店なども含まれますよね。

その中で、ようやく購入意思が決定した場合、
ほぼ100%の確率で今まで乗っていた愛車の下取りの話に移ります。

そして、下取り査定で金額を付けてもらったとしましょう。
例えば、100万円相場の中古車を購入したケースでお話します。

あなたの欲しい車がA店にて、95万円という特価にて販売してたとします。
相場が100万円ですので、5万円ほど安いですよね。
そこで、あなたの乗っている愛車の下取り価格が10万円だった場合、
実質85万円にて購入することができます。

また今度は、B店にて相場通りの100万円で販売してたとします。
相場通りの販売ですので、高くも安くもありません。
ですが、下取り価格が20万円だった場合、
実質80万円で購入ができるのです。

スクリーンショット 2016-06-13 15.40.30

つまり同一の場所で、
「買う」ことと「売る」ことを同時におこなった場合、
必ずしも、安く購入できていない可能性があるのです。

言い方を変えれば、もっとも安い販売店だけで、
下取りなどを決めてしまうと、結局は損をする場合も十分にあります。

価格は競わせるこそ、最安値と最高値が存在する。

価格は、比較してはじめて「高い」「安い」の判断ができるのです。
その100万円という相場である基準点がなければ、高いのか安いのかはわかりませんよね。

複数のお店を回ったからこそ、また相場を知っていたからこそ、
95万円で販売していることが安いと感じられたのです。
簡単に言うと、価格を競わせて比較しているのです。

では同じように考えると、
売却するときだって同じように考える必要があるんです。

どうしても、新しい車を購入するときには
そっちばかりに目が行きがちになります。

購入を焦るあまりに、売却額までに神経が届きません。

ただ、そうではなく買うときだけではなく、
売るときも全く同じような考えでいれば、色々な場所で査定をして
最終的に、もっとも良い条件を提示してくれた場所で売却ができるように
なるのです。

そのほうが、トータル的に安く手に入れることと同じですよね。

名称未設定.001

そのほうがA店との無駄な値引き交渉よりも、
よっぽどかんたんで労力と時間がかからないのです。

価格は競わせることができて、はじめて差がでてくるのです。

競争のない社会では、優秀な人材が現れないことと同じで、
価格比較がない査定では、目を見張るような査定額が提示される
可能性は低くなるのです。

安く購入できる理由は、他の付加価値で得をする。

確かに、ひとつの場所で下取りから購入までの
プロセスを踏んだほう納車までかんたんに済みます。

ですが、それなら新しい車を安く購入した意味がなくなります。

実は、あなたが車を安く購入すればするほど、
違う部分で利益を得ようと考えます。

例えば、通常100万円相場の車値切りに値切って90万円になった場合には、
販売店の利益はマイナス10万円分です。

すると、その販売店はどうするか、

  • 車の下取り査定額を下げる。
  • ナビゲーションやタイヤなど周辺商品の販売をプッシュする。
  • 車のクレジットローンをなるべく長く組ませようする(割賦手数料)
  • 自動車保険を販売店で加入を促進する。

などで、その失った10万円を違う方法で回収しようと考えるのです。

だからこそ、本当に賢く購入しようとしている方は、

  1. もっとも安く条件の良い場所で車を購入する。
  2. もっとも安く条件の良い場所で車を売却する。
  3. ナビゲーションやドライブレコーダーなどをネットなどで購入する。
  4. もっとも金利が安い場所でクレジットローンを組む(もしくは一括で購入する)
  5. 自動車保険も通販型などの安い自動車保険に加入する。

など、すべて別々の場所で運用しています。

「車の購入と下取り」「アクセサリーパーツの購入」
「購入方法」「自動車保険選び」など、
同時にやればやるほど、間違いなく利益はそのお店にいきます。

もし、本当に賢く車を運用するなら、
ひとつの場所を選ぶのではなく、購入や売却など、
別々の場所を選んだほうがいいのです。

まとめ

5dca3d10648570763905114aa134fdea_m
購入先が決定すれば、あとは売却先を探すことになります。
ですが、購入先と同様に、
色々な場所へ足を運ぶのはあまりにも非効率的なのです。

それなら、スマホやPCを使用して、
インターネットの一括査定の買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

私も新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を高く売るテクニック