初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

車を高く売るテクニック

ローンを完済したい!残債があるけど車の売却は可能?

更新日:

ローンを完済したい!残債があるけど車の売却は可能?ローンの残債が残っている状態で「車の売却」は可能か。

理由は、いくつかありますが、

  • 月々の支払いが苦しくなってきたので借金をチャラにしたい。
  • 新しい車が欲しくなったのでローンを上乗せしたい。
  • 「転勤」や「結婚」、「離婚」など環境に変化があったので売却をしたい。

など、ローンを完済して今の車を手放したいと考えているユーザーは意外と多いのです。

車のローンを完済することができれば、また、少しでも月々の負担を軽くなれば家計が圧迫されることもなく、生活も少しは楽になりますし、無駄な借金を抱える必要もないですよね。

今回の記事では、ローン残債が残っている車を売却する方法の現状でできる解決策を説明します。

まず、自分の環境に当てはめてみて考えていきましょうね。

ローンの残債があるけど車の売却は可能なのか。

ローンが残っていても売却することはできる。

まず結論から申し上げると、ローンの残債が残っていても車を売却することは可能です。

例えば、業界最大級の大手である、中古車のガリバーでは、買い取りローンの返済サービスという制度を実施しています。

もし仮に、あなたの借金が200万円あると仮定したケースで説明します。

転勤・結婚・離婚などでローンを終わらせたいケース

例えば、もし転勤や結婚&離婚また、支払い困難でローンを終わらせたいという単純な売却する場合では、買い取り価格の差額分を残債整理ローンを利用して売却することができます。

ローン残高200万円<<<買取査定額150万円
残りの50万円は、残務整理ローンという制度を利用して、再ローンを組むことができます。

再ローン前提で話していますが、もちろん、残りの50万円を一括完済しても構いません。

新しい車を購入したいのでローンを上乗せしたいケース

次に、新しい車に乗り換えしたいのでローンを組み直したい。

ガリバーではローン支払いしている最中でも、新しい車に乗り換えしたくなったしても「乗り換えサポート」があるので、下取りの差額分プラス、新しい車に上乗せしてローンを支払うことが可能になります。

ローン残高200万円<<<買取査定額150万円
残りの50万円+新しい車の購入費用を上乗せして再ローンを組む。

という方法もあります。

このように、ガリバーのような大手の買い取りを利用することで、ローン支払い中でも売却をスムーズにすることができるのです。

では、次にガリバーを利用せずに売却できるのか説明しましょう。

ローンが残っていると、個人売買を利用することはできない。

IMG_1526.jpg

もし仮に、自分で個人売買を利用して売却するケース無理だと考えていいでしょう。

まず、根本的な問題になりますが、自分の車に搭載されている車検証の中身を確認します。

車検証の中身を見てみると、所有者がディーラーやカード会社などになっているはずです。

つまり、ローンが残っている状態というのは、まだその車はあなたの物ではなく、◯◯ホンダ株式会社の持ち物ということになります。

「◯◯ホンダの持ち物」である以上、車を個人売買で勝手に売却したり、名義変更することはできないのです。

貸しているものを勝手に転売されるようなもので、所有者が自分個人になっていない限り、勝手に売却することは不可能なんですね。

それでも、もし売却できる方法があるとすればただひとつ。

個人売買ではなく、専門の買取店を使って、あなたのローン残高以上の金額で買い取りをするしか方法はないのです。

例えば、あなたの車が100万円のローンが残っていたと仮定すると、

ケース1:ローン残高100万円<<<買取査定額150万円=+50万円
買い取り可能になり、50万円受け取とれる。
ケース2:ローン残高100万円<<<買取査定額100万円=0円
買い取り可能になり、プラスマイナスゼロ
ケース3:ローン残高100万円<<<買取査定額50万円=ー50万円
50万円足りないので、買い取り不可能になる。

このように、ローンの借金をチャラにしない限り、所有権が解除できず車の売却が不可能になんです。

そのために、できることは車を限界値よりも高く売却することなんです。

ローンが残っている車を上手に売却するコツ

では、ローンが残っている車を、できるだけ高く買い取るコツを説明します。

それは、査定時にローンが残っていることを伏せておくことです。

なぜなら、残債金額を先に教えてしまうと、査定額が意図的に低く抑えられるかもしれないからです。

例えば、ローンがあと「50万円」残っていたとしましょう。

もしあなたの愛車を査定して、60万の価値があれば査定額は当然「60万円」となります。

でも、もし仮に買い取り業者があなたのローンの残債を具体的に知っていた場合、60万円の価値があったとしても「60万円」とならないかもしれないのです。

買い取り業者側からすると、ローンの残債さえ消えれば100%売却主は合意すると考えています。

要するに、60万円の価値があったとしても足元を見られかねないのです。

本来は45万円の査定額でしたが、調整して50万円にしておきました!

もし、ローンが残っていることを伏せておくことが難しければ、借金の残りを把握していないことを伝えるべきでしょう。

つまり、査定士にローンの残債額を教えておく行為に、メリットはほぼ0%なんです。

単体査定ではなく、一括査定を利用してベース金額を高くする。

もちろん、ローンの残債がいくらであれベースとなる査定額が安ければ意味がありません。

そこで利用するサービスがかんたん車査定ガイドという一括査定というサービスなんです。

一括査定を利用すれば、冒頭で説明した「ガリバー」を含む、大手査定業者の中から、最大10社に絞り込んで査定額を算出することができます。

なので、1社単体の偏った査定額が出る危険性も少なく、複数社の相対的な査定額、つまり本当の価値を見出してくれるのです。

実際に数10万円単位で査定額に違いはザラにあります。

足元を見られ、安くなるぐらいなら色々な業者にあなたの車を査定してもらい、もっとも高いところで売却するのがベスト。

あなたの前に10人女性が並んでいたら、好みも十人十色。

1対1でお見合いするよりは、複数の女性がいるパーティー形式のほうが可愛い子がいますしね(笑)

また、一括査定を利用すれば、面倒な所有権解除な手続きなども業者に任せることができます。

まとめ

どうでしょう?

ローンが残っていても、条件次第では車の売却することは可能です。

そして、ローンが残っている車を売るときに考えることは、

  • ローンが残っていても、買い取り査定をして残債が消えたら売却可能。
  • 査定を有利に進めるならば、ローンの残債は「伏せておく」もしくは「確認中」と言っておく。
  • 単独査定よりも、より多く査定してもらう一括査定が便利!
  • 一括査定で売却すると、面倒な所有権の解除など丸投げすることができる。

まず、ローンの残債金額をしっかりと把握して、1番評価してくれる場所で買い取りすることに集中しましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「プリウス」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車を高く売るテクニック

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.