初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.前期と後期の違いは?マイナーチェンジの30系アルファード変更点と新機能を解説!

レクサス

レクサスの認定中古車「CPO」で購入するメリットとデメリット

投稿日:

レクサスの新車はちょっと手が出せないから中古車を検討したい。

そこで、どのぐらいの価格で販売しているのか調べていたところレクサス認定中古車「CPO(サーティファイド・プリオウンド)」の存在を知りました。

そもそも認定中古車とは、販売店が定める厳しい基準をクリアした「メーカーに認められた中古車」のこと。

もしあなたが、中古車に対して不安を感じているなら「CPO」で購入すると安心かもしれません。

そこで本日の記事テーマに移ります。

・レクサス店が販売する「CPO」のメリットとデメリットについて。
・レクサスの中古車を買うなら「CPO」と「中古車販売店」にメリットが多いのか。

私なりの、超個人的な意見も含めて解説します(笑)

レクサス認定中古車「CPO」で中古車を購入するメリット

レクサス店にて新車に近い点検整備を受けることができる。

まず「CPO」でレクサスの中古車を購入した場合、レクサス店で「納車前点検整備」を受けられます。

レクサスの販売店が直接点検を実施するのでクォリティを高いです。

納車前点検として「12項目の交換」と「90ヶ所に及ぶ点検」が約束されているのです。

12項目もの交換部品とは、

  1. エンジンオイル
  2. オイルフィルター
  3. タイヤ
  4. バッテリー
  5. ブレーキオイル
  6. ワイパーブレードゴム
  7. タイミングベルト
  8. 点火プラグ
  9. エアクリーナーエレメント
  10. ファン・パワステ・エアコンベルト
  11. ブレーキパッド
  12. ナビディスク

を指します。

その中でも、エンジンオイルやオイルエレメント、さらにはワイパーブレードゴムなどは無条件で交換。

もちろん高額商品である「タイヤ」「バッテリー」なども走行距離や年式に応じて交換を積極的に実施します。

利益を上げるため、現状販売が多い中古車販売業界の中で他の業者と一線を画するサービスを実施しているとも言えるでしょう。

 

ただその一方で、これぐらいの消耗部品の交換作業は他の販売店でもおこなっているので「CPO」だけが特別ってわけではないでしょう。

たとえば「トヨタ」「日産」「ホンダ」「ダイハツ」などディーラーは当然、「ガリバー」や「ビッグモーター」など中古車販売店でも納車前点検はしっかり実施されています。

いずれにせよ、メーカーで納車前点検が受けられるのはやっぱり安心ですよね。

レクサス認定中古車「CPO」は最大で3年間の保証がある。

そもそもレクサスには新車から「5年間・走行距離100000km」のメーカー保証がついています。

CPOで購入した中古車は無条件に「2年間・走行距離無制限」の保証がつけられます(CPO保証)

具体的には、オイルやブレーキパッドなど消耗部品、オイルなど油脂を除き、またはバンパーやドアなど内外装部品を除く全部品が保証の対象となります。

もちろん「走る・曲がる・止まる」を含めたエンジンやブレーキ、ステアリングなど重要なパーツも当然保証されます。

またCPOの中古車では独自に有料で1年間の延長保証を受けられるようになります。

出典:レクサス

 

じゃあ「中古車をレクサス以外で購入すると、保証は受けられないの?」と疑問に思うかもしれません。

でもそこは安心してもらってもいいです。

違う場所で購入しても「5年間・100000km」のメーカー保証範囲内であれば、レクサスで12ヶ月点検(有償)を受けることにより新車保証は継承することができます。

つまりレクサスが定期点検をして現状に問題がないと確認できれば保証対象車として認められることになります。

 

一方で、保証だけなら「レクサスだけ」にこだわる必要はありません。

なぜなら大手の中古車販売店では、ディーラーよりも保証制度が充実しているからです。

たとえば、中古車販売店のガリバーでは、なんと最大10年間の特別保証があるため、レクサスの保証期間よりも長期にわたります。

そもそも故障自体が他のメーカーよりも圧倒的に少ない「レクサス」

どの保証タイプを選ぶかの判断については、自分が「レクサス店で買うことにこだわりがある」のか。

それとも、自分が単純に「レクサス車に乗りたいのか」で購入先を選ぶといいのかもしれませんよ。

まあ一部、コアなレクサスファンじゃない限り、「RXが欲しい!」「LSの乗りたい!」など「車種指名買い」がほどんどなんですけどね。

購入から2年間は定期点検が無料で受けられる。

CPOで購入すると、2年間は定期点検が無条件で実施されます。

かんたんにいうと、ディーラーのメンテナンスパックのようなものと考えればいいでしょう。

車検の時期を基準として、半年間隔で6ヶ月点検を2回、12ヶ月定期点検を1回無料で実施されます。

半年に1度レクサス店で点検を受けられるので、最低でも購入から2年間は整備品質が保たれます。

あまり自主的に点検を受けないユーザーなどには便利かもしれません。

でも1点だけ注意があり、車検は有償になります。

サービス期間中に車検をまたいでしまうとここだけ有償になります。

出典:レクサス

もちろん車検なのでどこで受けても構いません。

レクサスでも、トヨタ店でも、あえて車検費用が安くなる楽天車検などを利用してもいいでしょう。

「車内」でネットワークサービスが受けられる。

CPOで購入したユーザーには、新車購入者が受けられるサービス「Gリンク」「レクサスオーナーズデスク」をサービスの恩恵を受けることができます。

Gリンクとは車内にネットワークサービスを用いるサービスのことで、緊急時のトラブルに対応する「緊急サポート24」や「ヘルプネット」などのサービスです。

ただレクサスってびっくりするぐらい故障のない車なので、どこまでこのサービスをフル活用できるかは正直微妙。

個人的には「あったら便利だよね」レベルで、絶対に必須なわけではありません。

そもそも車に乗っていて故障した場合には、自動車保険のロードサービスに頼るので必要はありませんけどね。

中古車なのに残価設定型プランで購入できる。

出典:レクサス

CPOは中古車なのですが、新車と同様に「スマートバリュープラン」と呼ぼれる残価設定型プランで購入できます。

あらかじめ車両価格の一部を据え置き価格に設定して、それ以外の金額をローンで支払っていくサービスです。

そしてローンが最終回になった時点で残りの残債に対して再ローンを組むか、車両を一括返済または買い取りするかを選べるサービス。
 
関連 : 残価設定型プランは欲しかった新車を買いやすくなるひとつの方法
 
通常のローンも組めますが、残価設定型プラン最大のメリットは4.1%とローン金利が安いこと(通常は7%ぐらい)

高級車に分類されるレクサスを購入検討中には「予算がちょっと足りない」「数年後の乗り替えも視野に入れている」というケースもあるでしょう。

そのためにも残価設定型の「スマートバリュープラン」は積極的に活用するべきでしょう。

レクサス「CPO」を購入するデメリット

メリットばかり言っていてもフェアじゃないので、ここではしっかりとデメリットにも目を向けましょう。

レクサス認定中古車だから「高い」

CPOはレクサス認定中古車という看板を背負っているせいもあり、中古車としては値が張ります。

たとえば、2014年から2016年モデルの「RX」を中古車のガリバーと比較した場合。

レクサスCPOは、400万円から高いもので700万円近くします。

出典:レクサス

 

その一方で、ガリバーの場合には300万円ぐらいからと約100万円ぐらいの差があるのです。

100万円の価格差だけを切り取ってしまうと、CPOは割高に感じてしまうがこの判断は難しいところ。

たとえば100万円高い金額で購入するのを、「レクサスで買う安心料」ととればその価格差も保険のようなものと考えればいいでしょう。

でもその一方で、そもそもレクサスは故障しない・故障しにくいので割高になるという考え方もあります。

私の場合は後者で、CPOはメーカーの看板や広告料なども含まれているので正直割高に感じてますけどね。

レクサスでしかサービスを受けられない

CPOを含むレクサスの整備はレクサス店での対応になります(一部トヨタディーラーでも受けられるが)

これが一定数のユーザーにとっては、最大のデメリットになるかもしれません。

なぜなら、レクサス店に近くに住んでいない方がほとんどだからです。

地域にもよりますが、2017年の時点全国182店舗しかないのは大きなマイナス要素になります。

北海道なんてこれだけ広大なのに8店舗しかない・・・

 

私は地方都市に住んでいますが、自分の住んでいる地域にレクサスは「1店舗」しか存在していません。

ほとんどのユーザーにとって状況は同じのはず。

もちろん一部のトヨタディーラーでも保証は受けられますが、レクサスで整備を受けられない店舗のほうが圧倒的に多いのです。

家の近所にレクサス店があるなら苦労はしませんが、近くになければ本当に不便で仕方ありません。

それならCPOにこだわらず、自分の好きな車種を中古車販売店にて購入してその販売店の保証なりに加入するべきでしょう。

レクサス「CPO」のメリット・デメリットまとめ

品質という意味では、たとえば新車で700万だとするとCPOだと650万はします。

その他中古車販売店で購入した場合には、500万円といったところでしょうか?

本当にレクサスオーナーになりたいのなら新車かCPOを買うべきです。

あなたはレクサス車を購入すると同時に、レクサス店とも付き合いを始めていくのですから。

でも勘違いしてほしくないのは、どこでレクサス車を購入してもレクサスオーナーであることに代わりはありません。

それなら、状態がよくお手頃かつ保証が充実した販売店で購入するべきだというのが私の持論でもあります。

だった買う場所によって約100万円も違うんですよ?

それなら答えはもうすでに出ていると思うんですけど、どうでしょうか?

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ガリバーは中古車の不安要素でもある修復歴(事故歴)のある車を取り扱っていません。

また、条件次第で最大「10年の長期保証」があるので、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。

しかも、中古車としては異例ともいえる100日間の返品制度もあるので安心して購入することができます。

これから、あなたと長い時間を共にする「最高の相棒」を探している方にもおすすめ。

►►ガリバーで在庫車・未公開車両を探してみる。  

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-レクサス

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.