初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

C-HR

C-HRのフロント&リヤのサスペンション(足回り)の性能は?

投稿日:

ブラックマイカ

C-HRはターボ車のテストとして、世界一過酷なニュルブルクリンクサーキットで行われた、
24時間耐久レースにて、156台の中で総合84位・クラス別3位の成績で見事完走を果たしました。

我々ユーザーは、耐久レースに出るほどの走行性能を求めているわけじゃありませんが、
できるだけ、快適な乗り心地を感じたいと思っています。

そこで、C-HRのシャシ、つまりサスペンション足回り対策はどうなっているのでしょうか。
見た目だけカッコ良くても、「運転していて楽しい」と思えなければ購入する意味がありません。

そのあたり、C-HRのサスペンションにフォーカスを当てていきたいと思います。

C-HRのサスペンションの性能について

フロントはマクファーソン式フロントサスペンション

C-HRのフロントサスペンションは、マクファーソン式になっています。

マクファーソンと言っても、
コイルスプリングやショックアブソーバーで成り立っているシンプルなサスペンションで、
「ストラット式サスペンション」と言ったほうが馴染みがあるかもしれません。
ほとんどの乗用車がストラット式サスペンションを採用しています。

C-HRでは、そのストラット式フロントサスペンションを新開発しました。

具体的には、今までスタビライザーバーの形状を見直し、
大径なスタビライザーを採用することで、サスペンションをしなやかにストロークさせ、
ロール剛性を高めることに成功。

また、それだけではなく車高が高いSUVにありがちな横揺れを大幅に軽減し、
コーナリングでの不安定感や、サスペンション上下動のダンピング等を抑制されています。

リアサスペンションはダブルウィッシュボーン

0018-e1448867643557

一方、リヤサスペンションはダブルウィッシュボーン型を採用しており、
乗り心地と走行安定性の向上を実現しています。

また、ショックアブソーバーは欧州車のSUV車でも多数装着している、
「ザックス社製」を採用。

sachs_logo

また、乗り心地が向上したのは、ダブルウィッシュボーンだけのせいではありません。
リヤのアッパーサポートの緩衝材に、トヨタで初になる「ウレタン差材」を採用しました。

アルミボデーの中にウレタン材を使うことにより、ショックアブソーバーが更にしなやかになりました。

img_6451

 

ただメリットだけではありません。
ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用しているおかげで、乗り心地と走行安定性が向上しましたが、
その一方で、ヴェゼル、CX3と比べると、車重も一番重く、燃費も一番悪いというデメリットもあります。

「我が意の走り」をかなえるために採用しているダブルウィッシュボーンのリアサスペンション。
走行安定性や高い操舵性を得ることができるメリットもあるんですが、デメリットも同様にあるんですよね。

まとめ

C-HRイエロー

C-HRは「恰好良さ」と「走りの楽しさ」がポイントです。

どうしてもRAV4やヴァンガードのような本格SUVや、
ランクルやパジェロなど本格的なクロカンSUVに比べると、オフロード性能ではどうしても負けてしまいます。

ただ、新開発された高性能の前後サスペンションや、ザックス製ショックアブソーバーを採用し、
未舗装路でもボデーレベルは高い次元にあります。

そのあたり、どのぐらいの走行性能や走破性を求めているのかで、
「ハイブリッドのFF」にするのか「ガソリンターボ4WD」にするのか、判断してもいいかもしれませんよね。

新車買うなら一括査定

私は新車を購入するため、今まで乗っていたフィットをディーラーに下取りをお願いしましたが、
予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がついたのです。
また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

いまや買い取り額は新車の値引きの調整弁として欠かせない存在です。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-C-HR

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.