初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

事故車や不動車を廃車にする

事故によりエアバックが開いた車を処分する3つの方法

投稿日:

エアバックが開いた車の処分方法

事故の衝撃で運転席と助手席の両方のエアバックが開いてしまった!

エアバックは事故による乗員保護を目的としてある装置で、現在の車にはほぼスタンダードに装備されています。

ただし、衝撃で一度でも開いてしまうと元通りにすることができず、以前の状態に復元するには部品を新品に交換するしか方法はありません。

しかもエアバックは、開いてしまったクッション部分だけを取り替えるだけではなく、その他に付随されたセンサーやコンピューターなど同時交換する必要があり、凄まじく高額修理になってしまうのです。

エアバックが展開したということは、その他、バンパーやボンネットなども損傷しています。

そのようなこともあることから、エアバックが開いてしまうような大きな事故では、そのまま廃車になるケースがほとんどなのです。

そこでこの記事では、エアバックが開いてしまったような大きな事故を起こしてしまった場合、どのような方法で車を処分するべきかを紹介します。

有料なものから、無料なものまで具体的な3つの方法について解説しましょう!

エアバックが展開した車を処分する方法

車両保険に加入しているのかで対応が変わる。

まず1番重要なポイントから。

自損事故で保険が使える、車両保険に加入しているかが大きなポイントです。

車両保険に加入していたのなら、保険を使うことをまず第一に考えてみましょう。

なぜなら、エアバッグが開いてしまう事故は高額見積もりになることは確実だからです。

今回のように、運転席と助手席のエアバック両方が展開するような事故なら、ほぼ間違いなく修理見積もり金額は「100万円」を超えてくるでしょう。

たとえば、修理見積もりがちょうど「100万円」だった場合。

車両保険に加入しており、その車の車両保険金額を150万円に設定していた場合、全て保険会社の保険金で修理することができます。

もちろん110万円でも140万円でも150万円以内ならすべて保険にて対応が可能。

 

一方、年式が古く走行距離が多い車種ならば 車両保険価額が足りない可能性があります。

たとえば、車両保険金額が50万円にしか設定されていなければ、100万円の事故を起こしても50万円しか保険金は支払われません。

50万円以下の修理費用は保険で対応できますが、それを超えると一銭も出ません。

この設定している車両保険の金額を超えることを、全損というのです。

方法1:全損になったら「保険会社」に処分してもらおう

エアバックが展開するような大きな事故を起こすと、ほとんどの車は全損になります。

もし車両保険に加入しており、先ほど説明したような50万円の車両保険金額に対して、100万円の修理費用が必要なら、残りの修理費用50万円を自腹を切って修理するか、保険金の50万円を保険会社から受け取るしかありません。

自腹を切って修理すればいいのですが、もし修理することを諦め、「50万円」の保険金を受けとった場合には、あなたの車は保険会社のモノとなってしまうのです。

全損になるとどうなるのか?

車の事故で全損にした場合、保険会社に事故車の所有権が移ります。

このように、エアバックが開いてしまうような高額な見積もりになってしまった場合、事故車の処分も保険会社が勝手にやってくれるのです。

いずれにしても、車両保険に加入していて全損になってしまったら修理金額を限度額まで保険会社から受け取ったら、車の処分は保険会社にそのままお願いしましょう。

このケースはあくまで相手がいない単独事故、つまり過失がない事故での場合です。

方法2:自分でディーラーや修理工場に廃車を委託する。

もし車両保険に加入していないのなら、自己負担で修理をするか、修理せずに廃車にする2通りの方法しかありません。

予算にもよりますが10〜30万円ぐらいの軽微な事故なら、自己負担で修理をしてもいいかもしれません。

でもその一方で、30万円以上の修理費用をかけるぐらいなら、「廃車」を検討してみるべきでしょう。

これもぶつけた車の年式や走行距離にもよりますが、30万円ぐらいなら安い軽自動車の中古車を購入することができるかもしれないですし、そもそも修理代で30万円以上払うのは抵抗があります。

そもそもはじめからそのぐらいの金額を支払うつもりなら、車両保険に加入していないほうが間違っているのです。

つまり、車両保険に入っていない理由は、高額修理するぐらいなら廃車にしてもいいという意思表示ともいえます。

そこで修理金額が高くて支払えないと感じたなら、自分の知っているディーラーや整備工場に頼んで廃車を委託しましょう。

もちろんを、違う業者に廃車をお願いするのですから廃車手数料は有料です。

ディーラーや整備工場など委託する場所によって違いはありますが、一般的には3万円から5万円位の相場だと考えておけばいいでしょう。

この辺りは、自分の予算を考えながらどこの整備工場にお願いどうするか事前に調べておくべきですね。

方法3:廃車買取専門店を選ぶ

廃車をするだけなら、何もディーラーや整備工場だけやっているわけじゃありません。

とくにお金を掛けずに廃車にするという目的があるなら、ディーラーや整備工場に出すのはあまり得策とは言えません。

そこで、「廃車を専門に取り扱っている業者」があるのをご存知でしょうか。

それが「カーネクスト」廃車買取のサービスなんです。

カーネクストでは今回のようなエアバックが展開した事故車を買い取りすることが可能なサービスです。

もちろん事故車の他にも、

  • 過走行車
  • 水没車
  • 不動車
  • 車検切れ車

など、取り扱いに困っている、処分方法に困っている車を引き取りすることも可能。

しかもカーネクストの大きなメリットのひとつに、廃車手数料が全国無料なんです。

 

しかも、カーネクスト独自のサービスとして「0円買い取り保証」というシステムを採用しているので、手数料だけではなく、買取不可能と途中で断られる心配もありません。

しかも車種や年式や走行距離によっては、多少の買い取り査定額がついたり、タイミングによっては自動車税が戻ってきたりする可能性だってあるのです。

つまり、事故を起こしても修理せずに廃車する意思があれば、申込みから引き下げまでを完全無料ですべて代行することができます(プラスになる可能性もある)

煩わしい手間がかからず、余計な費用も必要ない。

保険が使えず、わざわざ高い手数料を支払って整備工場などに委託するなら、ネットからかんたんに申込みができるカーネクストに依頼するほうがストレスを感じることがなく廃車にすることができるでしょう。

エアバッグが開いた車の処分方法のまとめ

エアバッグが開くような大きな事故を起こすと100万円以上の見積もりになることがほとんどなので、修理することはレアケース。

修理したとしても、せいぜい買ったばかりの新しい車やよほど思い入れのある車ぐらいでしょう。

一般的な常識としては、修理することはなくスクラップになることがほとんどです。

ですから車両保険に加入の有無は関係なく、廃車になる可能性は非常に高く、現状の状態に戻る可能性はほとんどありません。

たしかに事故を起こすと、経済的なダメージやメンタル面の落ち込みはあるかもしれません。

でも考え方によっては、「新しい車の購入するチャンスがきた!」とあえてポジティブに考えてみてもいいのではないでしょうか?

事故による損失は、新しい未来の愛車購入へのステップ。

このタイミングを確実に活かすためにも、できるだけ損をしない方法で廃車にすることを検討してみましょう。

それが今あなたにできる最善で最高な方法なのですから。

スクリーンショット 2016-06-18 3.42.22
処分に困っている車。

例えば、事故車・不動車・多走行車だけではなく、車検切れや水没車なども買い取りが可能です。

通常このような訳アリ車を廃車業者に委託すると、当然手数料が必要になります。

業者によっては30,000円〜50,000円のような場所もあります。

なので、車の処分にお金をかけたくない方にオススメ。

もちろん、どんな遠方の距離でも、手数料が完全無料です。

►►廃車買取カーネクストで無料査定を申し込んでみる

 

 


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-事故車や不動車を廃車にする

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.