初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ランドクルーザー

80ランクルのタービン故障?修理費用はどれぐらい必要になるのか!?

投稿日:


80系ランクルのディーゼルターボ車に乗っているユーザーからこのような依頼が。

突然まったく加速しなくなったんだけど・・・

たしかに乗ってみると、エンジンの吹けず加速しないような状況です。

具体的に、50、60kmぐらいの中速走行でもたつきがあり、80ランクル最大の武器である「ターボがまったく効いていないような状態

とてもじゃないけど、かんたんに治るよう様子はありません。

このままならとても乗られたものじゃないのでとにかく車を預かることにしました。

今回の記事では、80系ランクルの加速不良の原因と修理費用について解説します。

ランクル80のタービン本体交換と修理費用について。

タービン本体には約30万円必要になる。

まず、あるトヨタディーラーに点検と見積もりをお願いしました。

予想はしていましたが、点検した結果加速しない原因は、タービン本体の故障でした。

点検に出す前にも言われていましたが、走行距離も約25万kmに差し掛かっていたのでもう限界だったのでしょう。

そこでまず、タービン本体を交換するための見積もりを出してもらいました。

それがこちら。

なんと!29万6,525円という超高額見積もりになりました。

こちらも予想していたとはいえ、あまりの高額な見積もりにビビってしまいました(汗)

内訳を確認してみると、タービン本体が約21万円、しかも作業技術料も8万6,400円と、安い軽自動車の中古車が購入できるぐらいの値段ですよね。高っ!

結局ターボを交換することにした。

今回の依頼主であるユーザーに、この見積もり書FAXをして作業内容を説明しました。

見積もりを出すこと約2,3日。お客さんも色々考えた結果、結論は修理する意志の連絡がきました。

「本当に修理していいんですか?」と念のため聞いてみましたが、理由はシンプルに「同じ型の80ランクルを同じ価格で購入できるわけじゃないから」とのこと。

たしかに年式は落ちているとはいえ、30万円で80ランクルを購入するのは不可能です。

ランクル専門ショップであるFLEXで、探したらしいのですが、どう頑張っても100万円以上はする。

それなら修理したほうが安上がりと結論に至った訳なんですね。

つまり、今回依頼主であるユーザーの考えは、もっとも安い方を選択するということで、それがたまたま修理だったということ。

修理日数は最短で2日ぐらいは見るべし!

修理すると決めたらあとはすぐに交換作業に取り掛かるだけです。

1HDエンジンのタービン本体は運転席側にあります。

 

ちなみにボルトが錆だらけで取り外すのに半日以上費やしたようです。やはりボルトやナットなども腐食が進行しているようですね。

 

こちらが取り外したタービン本体になります。

 

古いのと新しいタービンを並べてみました。

 

交換作業はタービン周辺部分に老朽化していることもあり、丸々2日間かかりました。

それも踏まえてのあの高い工賃だったようです。

ランクル80系の高額修理には反対。

もちろん修理した結果、症状は完全に回復して復活です。

でも今回、30万円かけて修理はしましたが、私個人的な意見をあえて言わせてもらうと修理には反対です。

なぜなら今後、修理が必要になる箇所が多く、修理費用の負担がどんどん大きくなると予想されるからです。

たとえばこのランクル80系は、20年経過して約25万kmも走っているのでエンジンやブレーキ、またミッションやステアリングなど故障が増えてきているからです。

また、故障が増えると同時に車検の費用も年を追うごとに高くなっており、車両本体に限界がきているのは間違いないでしょう。

最終的に判断するのはユーザー自身ですから、私からは何も言えないんですけどね(笑)

ランクル80の加速不良によるタービン故障まとめ

ランクル80系のタービン故障による交換費用は約30万円です。

先ほどからしつこいですが、今回のような高額修理については、どれぐらいの修理費用を注ぎ込んでいくべきなのか。

・修理にかけられる予算。
・今後どらぐらい乗るつもりなのか。
・もう少し高年式のランクル(100系・200系・プラドなど)を買い替えできないか。

など、客観的な判断をしてから修理するかしないかを選択するべきでしょう。

たとえば、ランクルの在庫車が圧倒的に豊富なカーセンサーで、高年式のランクル100や200の中古車を探してみるもいいでしょう。

購入費が必要とはいえ、今後のメンテナンス費用を天秤にかけると80ランクルのほうが修理費用が多くなるのは間違いないのですから。

しかもランクル80自体が、リセールバリューが高い車なので、査定してもそこそこ高値で売れるはず。

たとえば、査定金額を5社から10社ぐらいで比較できるサイトであるかんたん一括査定ガイドなどを使えば、1発で最高額が確認できます。

修理「する」「しない」の判断については、査定額を聞いてからでも決して遅くはないと思いますよ。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►愛車の無料一括査定はこちらから

 
かんたん一括査定ガイド

-ランドクルーザー

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.